camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

Wi-FiやBluetooth経由でデジカメをコントロール出来るやつ、日本でも欲しい!

   

CamBuddy Proというのが発売になります。
CamBuddy Pro
スマホからWi-FiやBluetooth経由でカメラを操作出来る他、タイムラプス撮影、画像をスマホなどに移動させたり音や光、レーザーをトリガーとした撮影が可能とのこと。

意外なことに、Wi-Fiでこれらの操作を行えるのはこれが世界初のようです(デジカメをコントロールするもの、トリガーとして使えるもの、それぞれは既に製品化されていると思いますが、どちらも一つの製品で出来るのが世界初なんだと思われます)。
対応するデジカメはキヤノン製、ニコン製、あわせて128機種があるようです。サイトの一番下にある対応機種を見ると、最近のものは全て対応していそうです。
100フィート、約30m離れていても使えるとのことで、もしかしたら技適に対応できそうな出力だと思うので、技適対応版が出て欲しいところです。
気になるお値段は149ドルということで、欲しくなるちょうどいいところです。
音や光をトリガーとする撮影は、商品撮影には既に浸透しているようですがアマチュアにも広がるともっと面白い写真が撮れると思います。
どこの馬の骨かわからない製品ではなく、出来ればカメラメーカー純正、お墨付きの安心して使える同様の商品が欲しいところですが、なんで作らないのでしょうね?

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - アクセサリー, 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

KIPONがEFレンズのAFも絞りも操作可能なマウントアダプターを発売

KiponがEFレンズをマイクロフォーサーズのボディで使うためのマウントアダプタ …

ソフトケースにもなるバウンスアダプターが発売

クリップオンストロボ用ソフトケースをバウンスアダプターにしてしまう、アイデア商品 …

no image
中国製の格安ストロボは似ているようで値段により中身が違うらしい

LumoPro LP180R、Shanny SN600SC、Yongnuo YN …

Yongnuoがリチウムイオンバッテリーを採用したクリップオンを発売

Yongnuoがリチウムイオンバッテリーを採用したクリップオンストロボ、YN68 …

Rotlightがフラッシュとしても使えるLEDを発表

Rotolightがハイスピードシンクロが可能なLED、NEO 2を発表しました …

GODOXが発光部分を交換出来るストロボを発表

GODOXがWITSTROシリーズの新作としてAD200を用意しているようです。 …

マクロレンズを買わずにマクロを撮る方法

暖かくなり色々な花が咲くようになるとマクロレンズの季節です。今回はマクロレンズを …

SW320
BenQがHDR対応4kディスプレイを発表

BenQがHDR対応の4kディスプレイ、 SW320を発表しました。AdobeR …

廉価なバッテリー式モノブロックが発売

バッテリータイプのモノブロックストロボ、cononmark B4が発売されます。 …

no image
クリエイティブ・コモンズとパブリックドメイン、CC0の違い

文字を足したために引用の範囲を超え、引用だと主張した芸能人が炎上したケースもあり …