camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

Siruiが格安アナモルフィックレンズを発売

   

三脚などでおなじみになりつつあるSiruiがアナモルフィックレンズ(綴りはanamorphicでカタカナではアナモフィックと表記されたりまちまちです)を正式に発表しました。

アナモルフィックレンズというのは、シネマスコープ、シネスコを撮るためのレンズです。
シネスコは2.39:1(2.4:1)のかなり横長のアスペクト比ですが、アナモルフィックレンズを使い縦長に歪めることで4:3のアスペクト比で撮影して再生時に横方向に伸ばすことでシネスコを得るというもの。

Siruiのアナモルフィックレンズは1.33倍のデジタル向けでよくあるタイプのアナモルフィックレンズです(古いアナモルフィックレンズは4:3で撮影するため2倍です)。

https://www.indiegogo.com/projects/express-your-cinematic-side/#/

よくあるタイプではありますが、アナモルフィックレンズはシネマ用のため高額なレンズです
ですが、今回発表されたのは安い。
クラウドファウンディングのINDIEGOGOで最も早いものが599ドルでした。リテールが699ドルのようなので、 (当初はもう少し安くなるという話もありましたが) それでもかなり安いアナモルフィックレンズです。
レンズは50mmのF1.8、マニュアルフォーカスで絞りはクリックストップはないようです。イメージサークルはAPS-Cまでカバーしていて絞りは10枚。
マウントはソニーE、フジX、マイクロフォーサーズ。
Lマウントがあればシグマfpとの組み合わせは面白そうですが、いずれはシグマもアナモルフィックレンズを投入するでしょうか?

Youtubeでもシネスコの動画は時々見かけますしスマホも縦長のものがちらほら出ています。安いアナモルフィックレンズが増えるとシネスコが流行るかもしれません。

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - レンズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ソニーのGマスターレンズが凄い理由

ソニーが海外でGマスターレンズを3本発表しました。MTFやサンプル画像を見ると、 …

Samyangの新しいレンズは135mm F2

Samyangが新しいレンズをリリースしました。 スペックはスチル用が135mm …

no image
Samyangnの135mmとソニーツァイスの比較

Samyangnの135mmとソニーのツァイス135mmを比較した記事が韓国のサ …

ポートレートズームの系譜、中望遠2倍ズームレンズ

またシグマが意欲的なズームレンズを発表しました。F1.8通しのズームレンズ、50 …

YONGNUOが1段明るいマクロ、60mm F2を発表

YONGNUOが60mm F2というマクロレンズを発表しました。 YONGNUO …

【中国製】撮影倍率2倍のマクロレンズのレビューを発見

以前に紹介した、中間リングを利用せず単体で撮影倍率2倍まで拡大可能な中国製のマク …

35mmでグルグルが楽しめるレンズが登場

LensbabyがBurnside 35というレンズを発表しました。 BURNS …

中国から85mm F1.2という魅力的なスペックのレンズが誕生

ミタコンが 85mm f/1.2 というレンズを発表しました。 Mitakon …

ロモ、LC-AのレンズがMマウントの交換レンズとして発売

ロモグラフィーが新しいMマウント用のレンズを発売します。 レンズはLC-A(いわ …

yongnuoの50mm F1.4が凄そう

yongnuoが50mm f/1.4というレンズを発表しました。 YONGNUO …