camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

線路内で撮りたいなら

   

線路内に降りて撮影したことでタレントさんが書類送検されました。正直、TwitterやInstagramにあがっているポートレートで線路内で撮影されたものは沢山見つけられるような気がしますが、ダメですね。炎上ならまだいいですが、何か事故が起きてしまってはいけません。
さて、線路内の立ち入りですが、鉄道営業法違反、往来危険罪、往来妨害罪の可能性があります。従来危険罪や従来危険罪は刑法で規定されているもので、線路への置石もこれにあたります。線路内の立ち入りは置石と同じくらい重大だということは知っておくべきでしょう。

線路に入るとアウト

今回の書類送検から明らかなように線路に入ることはダメです。鉄道営業法で鉄道会社の敷地への立ち入りを禁止しているので、線路内への立ち入りは鉄道営業法違反となります。立ち入りなどにより列車が緊急停止を行うなどの影響がある場合は往来危険、もしくは往来妨害にあたる可能性が出てきます。
線路内に入っての撮影はアウトなので、敷地の外から線路が上手く写る場所を探すなどの工夫で対応するしましょう。

踏切内での撮影は?

踏切内で三脚を立てて撮影していた方が電汽車往来危険容疑で逮捕されています。

無謀「撮り鉄」逮捕 「国鉄時代の新快速撮りたくて…」JR踏切に三脚設置

三脚を立てていたので鉄道営業法ではなく電汽車往来危険容疑になったのかなぁと思いますが法律家ではないのでよくわかりません。遮断器が降りているのに踏切内に入っていたら三脚をたてていなくても往来危険になるのかもしれません。

鉄道を撮影中に倒れた三脚をどかそうとして列車に轢かれた事故がありました。三脚をたてる場所に関しても線路内は当然ダメですが、線路の外であっても邪魔にならない危険にならない場所かどうかをしっかりと考える必要があります。線路脇でハスキーの5段っぽい、非常に高い三脚が立っていることを見かけることがありますが、万が一倒れても列車にぶつからない場所を選ぶべきでしょう。

HUSKY ハスキー5段 #1035 分離型三脚 脚のみ 太ネジタイプ
トヨ商事
売り上げランキング: 413,356

廃線は大丈夫?

廃線となっている場所は列車は通らないので従来危険や妨害にならないから大丈夫!と考えるかもしれませんが、そもそも私有地なので不法侵入にあたる可能性があります。
廃線跡地の中には整備されて遊歩道になったり道路になったり立ち入りの可能な場所もあります。そういった痕跡をたどるような撮影は問題ありませんが、線路が残っている廃線跡地への立ち入りも慎むべきです。

廃線跡地によっては撮影できるかも

奥のとトロッコ鉄道では線路内の立ち入りも可能なようです。廃線跡地に改めてレールを引いたトロッコ列車だそうです。立ち入りや敷地内の撮影に関するルールがあると思うので、どうしても線路内での撮影を行いたい場合は問い合わせてみては。

奥のとトロッコ鉄道

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - ニュース

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

CP+の現地速報ツイートまとめ

2月12日開幕! CP+ 2015の出展概要と見どころまとめ CP+ 2015会 …

しれっと発表、Voigtlanderがマイクロフォーサーズ用に超広角でF0.95のレンズを発表

フォトキナでVoigtlander(コシナ)がマイクロフォーサーズ用の新レンズを …

ついにDJIが独自マウントのカメラを発売

DJIが Zenmuse X7というINSPIRE 2用ジンバル一体型カメラを発 …

Lightroom6は64bit専用になることが明らかに

Adobeが次期Lightroom、6は64ビット専用になることを明らかにしまし …

期待できそうな超広角レンズIRIX 15mmのサンプルがFlickrにアップ

IRIXというメーカーが新しいレンズを準備中です。 15mm f/2.4というス …

コダックが30年ぶりにSuper 8のカメラを開発

コダックがSuper 8のカメラをCESで発表しました。 試作品とのことですが、 …

岩谷産業が蛍石の原料となるフッ化カルシウムの合成に成功。人口蛍石の低価格化に貢献する?

岩谷産業株式会社が蛍石の原料となるフッ化カルシウムの合成について発表しました。 …

ドローンで撮影した映像を公開する場合の注意点とは?

小型無人機、ドローンを使って撮影した映像をインターネット上に公開した際に問題とな …

1億画素の全天球カメラがCESで

Pananoが1月に開催されるCESでボール型の全天球カメラを発表するとアナウン …

最大撮影倍率4.5倍のマクロニッコール風レンズが発売

ZY Optics(Mitakonのブランド名で日本でも明るいレンズが販売されて …