camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

マクロレンズを買わずにマクロを撮る方法

   

暖かくなり色々な花が咲くようになるとマクロレンズの季節です。今回はマクロレンズを使わずにマクロ撮影が出来る方法を紹介します。

リバースアダプター

実はレンズをひっくり返すとルーペとして使えます。ひっくり返してカメラにつければマクロレンズとして使えます。
ひっくり返したレンズをカメラに取り付けるアダプターをリバースアダプターとかリバースリングと呼びます。昔からあるものですがニコンとペンタックスは今でも純正のリバースアダプターを出しています。

Nikon BR-2A リング BR-2A
Nikon BR-2A リング BR-2A

posted with amazlet at 17.03.10
Nikon(ニコン)
売り上げランキング: 40,401

リバースアダプターはマウントの金具をフィルターのようにレンズ先端にねじ込み、カメラに取り付けることが出来ます。フィルターのようにマウントの金具を取り付けられるのでニコン用のリバースアダプターを使えばキヤノンのレンズフィルター径さえあえばキヤノンのレンズでもペンタックスのレンズでも取り付けられます。
リバースアダプターでのマクロ撮影を行う場合、基本的にはレンズは広角レンズを使います。標準レンズや中望遠ではひっくり返してもマクロにならない、撮影倍率が上がらないものがほとんどです。標準ズームでも広角端では撮影倍率が等倍から2倍程度のマクロ撮影が可能です。
リバースアダプターを使うとカメラ側から絞りを動かすことができないので(もちろんAFも作動しません)絞り環が付いたMFのレンズが使いやすいのですが、最近のレンズでも絞りを変えることはできませんが撮影自体は可能です。

中間リングを使う

中間リングとか接写リングというものをカメラとレンズの間に挟むと撮影倍率を上げることが可能です。昔のマクロレンズは単体では撮影倍率が1/2で、等倍をするためにはレンズとカメラの間に中間リングを挟みました。マクロレンズだけでなく中間リングを挟むとマクロレンズのように撮影倍率があがります。中間リングの厚みがあるほど寄れるようになりますが、レンズとの組み合わせによってはピントが合わないこともあります。
中間リングもやはりメーカー純正は少ないですが、サードパーティから絞りが連動する接点付きの中間リングも販売されています。

中間リングと同じ理屈でベローズを使うこともあります。ベローズというのはカメラとレンズの間に取り付ける蛇腹のことで、伸ばしたり縮めたりすることで撮影倍率を稼ぎます。最近のカメラはグリップが大きいのでグリップとベローズが干渉して、そのままでは取り付けられないこともあります。そんな時は中間リングを取り付けるとなんとかなります。
ベローズの新製品はほとんどありませんが、フジは中判デジタルのGFX用にビューカメラアダプターを出しましたのでビューカメラをベローズのように使うことが出来ます。

標準ズームの前玉を外す

有名な改造ですが、標準ズームの前玉、被写体側の一番前のレンズを取り除くとマクロレンズとして使えます。標準ズームならなんでもマクロレンズになるわけではないようですが、キットレンズはマクロレンズに改造出来る可能性が高いようです。
前玉を外してしまうと、本来のレンズとして使えなくなりますし、全部が全部マクロレンズのように使える保障はないので、ジャンクでちょうど良さそうなズームレンズがあれば試してみるのもいいんじゃないかと思います。

まとめ

どの方法も結構手間がかかるので中古の安いマクロレンズを買うのが手っ取り早くていいかなぁと思います。ただ、マクロレンズの多くが標準から中望遠で広角マクロはリバースアダプターがまだまだ現役ですし、撮影倍率が1倍を超える、2倍以上のマクロもマクロレンズ単体で撮れるものはほとんどないので中間リングやテレコンを組み合わせます。リバースアダプターや中間リングは持っていても損はありません。

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - アクセサリー, レンズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

MITAKONがMP-Eのような高倍率マクロレンズを発表

MITAKONが撮影場率が等倍から5倍のマクロレンズを発表しました。https: …

LENSBABYが新しい中望遠ソフトフォーカスレンズを発表

LENSBABYがVelvet 85 F1.8を発表しました。 velvet 8 …

Yongnuoのクリップオンストロボ、YN560シリーズの違い

格安のクリップオンストロボとして、多灯撮影の入門として人気があるYN560シリー …

no image
6月にNik Collectionのアップデートが行われるらしい

DxOがChapter 11の手続きに入ったそうです。時々目にするChapter …

ソニーのGマスターレンズが凄い理由

ソニーが海外でGマスターレンズを3本発表しました。MTFやサンプル画像を見ると、 …

ソフトケースにもなるバウンスアダプターが発売

クリップオンストロボ用ソフトケースをバウンスアダプターにしてしまう、アイデア商品 …

LaowaがフジGFXでフルサイズ用レンズが使えるアダプターを発表

Laowaがフルサイズ用レンズをフジのGFX50で使用するためのマウントアダプタ …

Rotlightがフラッシュとしても使えるLEDを発表

Rotolightがハイスピードシンクロが可能なLED、NEO 2を発表しました …

フルサイズのペッタックスで使えるレンズまとめ

フルサイズでも使えそうなペンタックスのレンズ ペンタックスがフルサイズを発表しま …

格安中華ストロボ3種を比較。オススメはNW-561

手持ちの中華ストロボが3種類になったので、紹介します。NW560、NW561、Y …