camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

GODOXが発光部分を交換出来るストロボを発表

      2017/03/31

GODOXがWITSTROシリーズの新作としてAD200を用意しているようです。AD200の一番の特徴はフラッシュヘッドが交換式という点です。
一般的なクリップオンストロボのようなヘッド、AD360のモノブロックのようなヘッド、に交換が可能だそうです。

godox_ad200_1b640

電源はGODOXお得意のリチウムイオンバッテリーを使用し、フル発光で520回。リサイクルタイムは最大で2.1秒とモノブロックと考えると若干物足りなさがありますが、単3を使うものと比べると十分でしょう。光量は一般的なクリップオンストロボと同程度かちょっと強いようです。
GODOXのXシステムのラジオスレーブに対応、TTL、HSSにも対応とのこと(ニコン、キヤノン、ソニー)。

オフカメラで使うことが前提であれば、このスタイルは使いやすいように思えます。普通のクリップオンストロボとアンブレラを組み合わせるとアンブレラの中心から発光部がずれてしまうので色々な工夫を凝らした製品がありますが、AD200は折れ曲がらずまっすぐなので工夫する必要はありません。一方でヘッドを交換するメリットはよくわかりません。でも、実際に使ってみると、やめられなくなるのかもしれません。

追記
adramaで329.95ドルとなっていました。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - アクセサリー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Rotlightがフラッシュとしても使えるLEDを発表

Rotolightがハイスピードシンクロが可能なLED、NEO 2を発表しました …

キヤノンから純正マグニファイヤーが発売

キヤノンからマグニファイヤーMG-EbとMG-Efが発売。でもマグニファイヤーっ …

Godoxの新しいトランスミッターはボタンが増えて使いやすそう

GodoxがXproという新しいトランスミッターを発表しました。 現在、プレオー …

SW320
BenQがHDR対応4kディスプレイを発表

BenQがHDR対応の4kディスプレイ、 SW320を発表しました。AdobeR …

クリップオンストロボで背景を作るキット

撮影の際、プロジェクターを使って背景を演出するなんてテクニックがあるそうです。 …

no image
ライカ風iPhoneケースがかっこいい

クラシックカメラ風iPhoneケースGIZMON iCAがかっこいい! いわゆる …

ソニーがラジオスレーブを発表

ソニーがラスベガスで開催中のWPPI 2016でラジオスレーブを発表しました。 …

マクロレンズを買わずにマクロを撮る方法

暖かくなり色々な花が咲くようになるとマクロレンズの季節です。今回はマクロレンズを …

Logitechがダイヤル付きキーボードを発売

LogitechがCraftというキーボードをプレオーダー中です。 23750円 …

KIPONがEFレンズのAFも絞りも操作可能なマウントアダプターを発売

KiponがEFレンズをマイクロフォーサーズのボディで使うためのマウントアダプタ …