camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

コダックの映画用フィルムを使ったブローニーが発売

   

CineStill 50Dというブローニーがプレオーダーを受け付けています。1本あたり11.99ドルとなっています。135は10.79ドルとなっています。

50DAYLIGHT FINE GRAIN COLOR FILM, 120 FORMAT

コダックのVISION3 50Dという映画用フィルムをブローニーに使用したものだそうです。
ISO50と低感度のため粒状感は抑えられて解像感が高くなっているとこのこと。またエマルジョンの改良により紙焼きにもスキャニングにも適しているようです。

現像はC41かECN-2で、C41が推奨。ECN-2という現像プロセスを知らないのですが、どうやら映画用フィルムの現像プロセスで、映画用フィルムは現像前にremjet backingという処理をするそうで、それは必要ないのでC41を推奨しているようです(ただ、このプロセスを行わないことで特徴的なハレーションが出るようです)。要するにブローニーのネガフィルム現像を受け付けているところなら問題なさそうです。

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スマホで手軽にアナモルフィックレンズが使えるように

Beastgripが新しいDOFアダプターとアナモルフィックレンズをKickst …

中国から85mm F1.2という魅力的なスペックのレンズが誕生

ミタコンが 85mm f/1.2 というレンズを発表しました。 Mitakon …

グローバルシャッターを採用した謎のMマウントカメラが発売

PixiiというMマウント互換のカメラが発表されました。開発していることは以前か …

no image
花火の撮り方、チェックリスト6項目

1,三脚を使う 花火の撮影は三脚が必須です。 三脚を使用する理由はシャッタースピ …

写真・カメラ好きへのプレゼントをご提案!

クリスマスが近づきプレゼントを贈る機会が増える季節になりました。そこで、写真好き …

噂のAD200 PROが正式発表

GODOXがNAB2019でAD200 PROを発表しました。adoramaで3 …

7000ドル相当の機材をなくしたけど、戻ってきたらしい

imagin resourceの方がCP+に合わせて日本へ来た際、CP+に先立ち …

赤外カラーフィルムAerochromeを再現したフィルター

KOLARI VISIONというところがコダックのAerochromeを再現した …

no image
もしも10万円を使うなら

やはりレンズから まずはレンズでしょう、やっぱり。以前から狙っていたレンズに手を …

Dxo Markの測定結果ではD750の高感度はD810より上

Dxo MarkがD750の測定結果を公表しました。 Nikon D750 Se …