camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

前群を交換する古くて新しいレンズシステム

   

ロモグラフィーが新しいレンズシステムで出資を募っています。

Neptune Convertible Art Lens System

前群レンズ+絞り+レンズベースの3つを組み合わせるシステムです。
レンズベースは後群レンズを含むマウントでこれはレチナフレックスやコンタフレックスと同じ仕組みです。ロモグラフィーらしく絞りも交換できる仕組みになっています。

フロントコンバージョンレンズはf値は変化しませんが、この仕組はフロントコンバージョンレンズっぽいのですが前群毎替えるのでf値は変わります。

35mm f/3.5、50mm f/2.8、80mm f/4.0となっています。

コンタフレックスは使ったことがありますが、写りは正直あまりよくありません。しかし、これはロモグラフィーのサイトを見る限りでは写りに期待できない、ということはなさそうです。結構よく写っているように見えます。

前群だけの交換で済むので、3つのレンズを持ち歩いてもそれほど嵩張らず、重くもなく、悪くないのでは?あと1段明るいともっと面白いシステムになりそうですが後群を固定すると難しいのでしょうか。

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

中国から85mm F1.2という魅力的なスペックのレンズが誕生

ミタコンが 85mm f/1.2 というレンズを発表しました。 Mitakon …

広角で最大撮影倍率2倍だけど使いやすそうなレンズを発表

Venus OpticsがLaowa 24mm f14、最大撮影倍率2倍というマ …

M42マウントのチェキが出資募集中

M42マウントのインスタントカメラがKickstarterで出資を募っています。 …

no image
ミラーレスなどがWEBカメラの中心になる日はくるのか?

リモートワークなどでWEBカメラの需要が高まっています。最近のノートパソコンには …

コダックの映画用フィルムを使ったブローニーが発売

CineStill 50Dというブローニーがプレオーダーを受け付けています。1本 …

写真・カメラ好きへのプレゼントをご提案!

クリスマスが近づきプレゼントを贈る機会が増える季節になりました。そこで、写真好き …

グローバルシャッターを採用した謎のMマウントカメラが発売

PixiiというMマウント互換のカメラが発表されました。開発していることは以前か …

ティザーのヤシカはフィルム状のものを入れ替えて画像処理を変更するトイデジ

ティザーを行っていたヤシカの新しいカメラの詳細がKickstarterで明らかに …

数式を撮影すると計算してくれるアプリが登場予定

スマホで数式を撮影すると、即座に回答を表示するアプリ、PhotoMathのプレビ …

Dxo Markの測定結果ではD750の高感度はD810より上

Dxo MarkがD750の測定結果を公表しました。 Nikon D750 Se …