camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

劇的に変わる?イルミネーションを撮る時の3つのポイント

      2011/12/12

イルミネーション撮影

 

何か物足りないイルミネーションの写真?

クリスマスが近くなりイルミネーションも各地で始まっています。
イルミネーションが綺麗なので写真を撮ってみたけど、なにか変?
上手い人が撮ったものと比べると何か物足りない?
なんて経験があるかもしれません。
そこでイルミネーションを撮る時のポイントを3つまとめました。
・フラッシュは使わない
・露出補正を+に
・ホワイトバランスを変える
ポイントはこの3つ。
この3点を押さえれば何か足りないようなイルミネーション写真から卒業です!
では早速一つめから。

フラッシュは使わない

イルミネーションだけを撮る場合はフラッシュは絶対に駄目!
なぜかというと、フラッシュの光は遠くまで届かずに近くにしか届きません。
その結果、手前側だけ明るく、遠くは暗く写ってしまいます。
さらに手前側のイルミネーションもフラッシュで照らされるため、暗い中に光るイルミネーションの美しさがスポイルされてしまいます。
なのでイルミネーションにフラッシュは厳禁です。発光禁止にしておきましょう。
ただし、イルミネーションをバックに記念撮影をする時はフラッシュがないと顔が真っ黒になるので使います。
その時はシーンモードの夜景やスローシンクロを使いましょう。

 

露出補正を+に

露出補正と聞くとなんだか難しい?と思われるかもしれません。
難しいかもしれませんが、試してみてください。
+側に補正すると明るく、-側に補正すると暗くなります。
イルミネーションは+側に補正して明るく写すとなんとなくゴージャスな感じ(笑)になるので+補正がおすすめです。
逆に-側に補正するとしょぼく見えます。
+補正すると手ぶれが起こりやすいのでしっかりとカメラを構えたり、三脚を使ったり、カメラをベンチなどに置いてブレないように気をつけましょう。

 

ホワイトバランスを変える

ホワイトバランス(WB)はほぼ全てのデジカメで変更することができます。
普段はカメラ任せの「オート」で使っていることが多いと思いますが、イルミネーションはカメラにとって判断が難しいので「オート」ではなく指定してあげるほうが好ましい写真になることが多いようです。
イルミネーション向きのWBは「曇天」です。
カメラによっては雲のマークになっているのですが、本来は曇の日中に使うWBですが「曇天」を使うとイルミネーションが温かみのある色になります。
逆にクールな感じで撮りたい場合は「白熱灯」がおすすめです。

 

まとめ

イルミネーションの写真を撮って何か物足りないような控えめな写真になってしまう原因の多くは「明るさ」と「色合い」です。
明るさは「露出補正を+に」
色合いは「ホワイトバランスを曇天に」
それぞれ変更することでガラっと印象が変わってきます。
デジカメだけでなく携帯でも簡単に変更出来る機種も多いので是非試してみてください。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - 撮影テクニック , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

9ヶ月かけて花が咲く様子を撮影したタイムプラス動画が美しい

11種類の花が咲く様子を9ヶ月かけて、5万枚も撮影したというのが、このタイムプラ …

桜の撮影は枝に注意してみると上手くいく

桜の写真って案外難しいものです。 実際にその場で見た時はもっと花が沢山あったよう …

調理する様子を真上から撮影するための機材

最近流行りのレシピ動画。真上から調理する様子を撮影するあれですが、自分も撮ってみ …

no image
雪を綺麗に撮るテクニックは2つだけ

記録的なドカ雪で大変なことになっています。 雪国育ちなのでドカ雪は何度も経験があ …

クリップオンストロボをカメラから離して使う方法

ストロボをカメラから離して使うメリットを書きましたが、具体的ストロボをカメラから …

no image
基本から学ぶ手振れ防止テクニック 続編

写真の基本は手ぶれを無くすこと!というわけで手ぶれを防止するためのテクニックを紹 …

自撮りは左右反転している方がカワイイ?

スマホのインカメラを使って撮られた自撮りがtwitterなどによくアップされてい …

0円で自分の写真集を販売できる!売れるフォトブックとは?

キヤノンのフォトブックサービス、PHOTOPRESSOでフォトブックを販売するサ …

no image
逃げる前に撮る!野良猫撮影5つのテクニック

街で見かけた猫を撮ろう!と思ったらスタスタと行ってしまうということはよくあります …

no image
フォトコンテストで写真の加工はどこまでが許されるのか、どんな加工は許されないのか

2013年の大賞「ガザの葬列」でも加工が話題になりました。 世界報道写真の大賞受 …