camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

基本から学ぶ手振れ防止テクニック 基礎編

      2014/01/14

せっかくの写真を台無しにしてしまう失敗といえば、手ぶれです。
最近のカメラは手ぶれ補正が付いているので、手ぶれがしにくくなっていますが、手ぶれが0になるわけではありません。
また手ぶれ防止の基本は構え方!
ですので、カメラの構え方から手ぶれ防止のための技を紹介したいと思います。
テクニックの前にシャッタースピードと構え方の基本について紹介します。
・ぶれやすいシャッタースピード
・基本は脇をしめる

・ぶれやすいシャッタースピード

手ぶれはシャッタースピードが短くなるほど起きやすくなります。

1/125秒よりも1/60秒、1/60秒よりも1/30秒の方が手ぶれが起きやすくなります。
したがってシャッタースピードが遅くなりすぎないように絞りや感度を変えることで手ぶれが起きにくくなります。
またレンズによっても手ぶれの起こりやすさが変わります。
焦点距離の短いレンズよりも長いレンズの方が手ぶれは起こりやすく、”1/焦点距離”秒が手ぶれが起こりやすくなるシャッタースピードの目安と言われています。手ぶれ
すなわち、広角よりも望遠レンズの方がブレやすい、ということになります。
35mmのレンズなら1/35秒よりもシャッタースピードが長くなると手ぶれが起こりやすい。
300mmのレンズなら1/300秒よりもシャッタースピードが長くなると手ぶれが起こりやすい、ということになります。

 

・基本は脇をしめる

手ぶれは撮影中、シャッターが開いて露光している間に、カメラが動くことが原因です。
したがって、カメラをしっかりと固定しておけば手ぶれは起こりません。
もちろん三脚でカメラを「しっかりと固定」できれば手ぶれを防ぐことができます。
カメラを手に持って撮影する時も、「しっかりと固定」する気持ちで構えます。
そのためには脇をしめて、ひじを体に密着させるように構えます。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - 撮影テクニック

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
雪を綺麗に撮るテクニックは2つだけ

記録的なドカ雪で大変なことになっています。 雪国育ちなのでドカ雪は何度も経験があ …

クリップオンストロボをカメラから離して使う方法

ストロボをカメラから離して使うメリットを書きましたが、具体的ストロボをカメラから …

イルミネーション撮影
劇的に変わる?イルミネーションを撮る時の3つのポイント

  何か物足りないイルミネーションの写真? クリスマスが近くなりイルミ …

全国の千本桜まとめ

吉野山(奈良県吉野郡) 吉野山全体で桜だけで3万本と言われ、視界に入るだけでも千 …

0円で自分の写真集を販売できる!売れるフォトブックとは?

キヤノンのフォトブックサービス、PHOTOPRESSOでフォトブックを販売するサ …

MITが映り込みを取り除くアルゴリズムを開発。映り込みを防ぐ方法とは

MITの研究員が映り込みを取り除く新しいアルゴリズムを開発したそうです。 Rem …

no image
基本から学ぶ手振れ防止テクニック 続編

写真の基本は手ぶれを無くすこと!というわけで手ぶれを防止するためのテクニックを紹 …

no image
フォトコンテストで写真の加工はどこまでが許されるのか、どんな加工は許されないのか

2013年の大賞「ガザの葬列」でも加工が話題になりました。 世界報道写真の大賞受 …

自分で撮りたい一本桜まとめ

ウェザーニューズが桜の開花予想を発表しました。 全国の桜開花予想発表 こちらは日 …

ストロボをカメラから離して使うメリット

ストロボはピカっと一瞬だけ強く光ることで被写体を明るく照らし、夜のような暗い状況 …