camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

ロモ、LC-AのレンズがMマウントの交換レンズとして発売

   

ロモグラフィーが新しいMマウント用のレンズを発売します。
レンズはLC-A(いわゆるロモと呼ばれるカメラ)に使われている32mm f2.8のレンズです。
製品名は”Lomo LC-A MINITAR-1 Art Lens 2.8/32 M”となっています。
Lomo LC-A MINITAR-1 Art Lens 2.8/32 M

MINITAR-1

シグマではなくロモグラフィーにもArtシリーズがあるそうで、ペッツパール、ルサールに次ぐ3製品目が今回のレンズです。

レンズはこだわりのロシア製で、LC-A特有のトンネル効果、強いヴィネッティングは健在とのこと。コーティングにより、内面反射を抑えコントラストを高めているそうです。
周辺減光が多かったり、周辺が流れたり、コントラストが落ちるような単に写りの悪いレンズとは違う、こだわった写りの悪さ。
古いレンズの中には写りの悪いものは沢山ありますが、写りの悪さが魅力的なレンズ、味のあるレンズは案外少ないので、LC-Aの交換レンズ化は面白い試みです。

仕様を見ると最短撮影距離は0.8mで「レンジファインダー連動:可能」となっているので、かなり薄いレンズですが、連動カムが内蔵されているのでしょうか?
宮崎光学のPERARも非常に薄いMマウントのレンズですが距離計に連動するようなので、このレンズも同様に小さなカムが内蔵されているのでしょう。
恐らく距離計に連動させるため最短撮影距離は控えめの0.8mとなっていますが、α7などのミラーレスならマウントアダプター経由ならヘリコイド付きマウントアダプターがあるので、近接撮影も楽しめそうです。

発送は8月の予定ということで少し時間がありますが、生産能力はかなり低いため3ヶ月前からプレオーダーを受け付けるとのこと。
お値段は45800円となっています。

Lomo LC-A+
Lomo LC-A+

posted with amazlet at 15.05.01
Lomography (ロモグラフィー)
売り上げランキング: 71,582

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - レンズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ソニーがCESでFEマウントの新レンズを展示

ソニーはフルサイズのEマウント、FEマウント用レンズのロードマップを公開していま …

no image
Samyangnの135mmとソニーツァイスの比較

Samyangnの135mmとソニーのツァイス135mmを比較した記事が韓国のサ …

Yongnuoがニコン用に40mmと100mmのレンズを販売予定

Yongnuoはニコンやキヤノンのレンズを丸パクリみたいなレンズを販売しています …

マクロレンズを買わずにマクロを撮る方法

暖かくなり色々な花が咲くようになるとマクロレンズの季節です。今回はマクロレンズを …

Lensbabyが寄れて明るいソフトフォーカスレンズを発表

LensbabyがVelvet 56というレンズを発表しました。 Velvet …

yongnuoの50mm F1.4が凄そう

yongnuoが50mm f/1.4というレンズを発表しました。 YONGNUO …

7職人50mmf/1.1
約4万円!Mマウントで50mm f/1.1の格安中国レンズ

7Artisansという中国のメーカーが格安のレンズを販売しています。 50mm …

Yongnuoの新作?レンズ、35mm f2の詳細

Yongnuoが発売予定のレンズ35mm f2の詳細がわかりました。 見た目はキ …

意外と人気がある?45mmのレンズまとめ

タムロンが新しいSPシリーズとなる35mmと45mmの単焦点レンズを発表しました …

35mmでグルグルが楽しめるレンズが登場

LensbabyがBurnside 35というレンズを発表しました。 BURNS …