camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

トキナーがAT-X 11-20 F2.8 PRO DXのレビュー記事を掲載

      2015/04/23

トキナーがAT-X 11-20 F2.8 PRO DXのレビュー記事をアップしました。
AT-X 11-20 F2.8 PRO DXは昨年末に発表されたAPS-C用の超広角ズームレンズで、11-20mm F2.8というスペックのレンズです。
キヤノンなら17.6mm-32mm相当、ニコンなら16.5mm-30mm相当になります。
ズーム倍率が2倍に届かないレンズですが、その前の超広角ズームレンズは11-16mmのAT-X 116 PRO DX Ⅱだったことを考えると、かなりの進化です。

4961607634387

レビュー記事はキヤノンの70Dで撮影されたもの、ニコンのD7100で撮影されたもの、それぞれ別のページになっています。
キヤノンではポートレート、ニコンでは風景と被写体が違うのが面白いですね。
トキナーレンズでポートレート – 萩原和幸TOP » >AT-X 11-20 F2.8 PRO DX
小河俊哉-トキナーレンズの高画質をより引き出すレタッチ技術 » AT-X 11-20 F2.8 PRO DX

トキナーの広角ズームレンズはデジタル一眼レフ黎明期の専用レンズ、AT-X 124 PRO DXが非常に評判がよく、広角ズームレンズはトキナー一択、みたいな頃もありました。
しかし、他のメーカーの広角ズームレンズの質もあがってきて、すっかり埋もれてしまった感があります。
超広角ズームレンズもフルサイズ用に主軸が移り、2.8通しの新作は貴重かもしれません。

記事中の作例を見ると、撮影者の腕もあるのでしょうが超広角ズームレンズとは思えないくらい歪曲収差が補正されています。
周辺までしっかり結像し、広角レンズにありがちな流れるような感じがなく、広角レンズくさくありません。
一枚、ISO6400で星を撮った写真がありますが、これを見る限りではコマ収差も少ないようです。

レンズの発売は2月ともう少し先ですが、期待できるレンズです。

~追記~
話題にはあまり上がりませんが、Amazonのレビューを見てもかなり好評のようです。
Kasyapa マップカメラ
全域F2.8の明るさを誇る超ワイドズーム――ケンコー・トキナー「AT-X 11-20 PRO DX」

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - レンズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高倍率ズームレンズが2つ発売

タムロンとニコンがそれぞれ高倍率ズームを発売します。 どちらも特徴的な高倍率ズー …

ロモ、LC-AのレンズがMマウントの交換レンズとして発売

ロモグラフィーが新しいMマウント用のレンズを発売します。 レンズはLC-A(いわ …

マクロレンズを買わずにマクロを撮る方法

暖かくなり色々な花が咲くようになるとマクロレンズの季節です。今回はマクロレンズを …

LENSBABYが新しい中望遠ソフトフォーカスレンズを発表

LENSBABYがVelvet 85 F1.8を発表しました。 velvet 8 …

35mmでグルグルが楽しめるレンズが登場

LensbabyがBurnside 35というレンズを発表しました。 BURNS …

Yongnuoがニコン用に40mmと100mmのレンズを販売予定

Yongnuoはニコンやキヤノンのレンズを丸パクリみたいなレンズを販売しています …

YONGNUOが1段明るいマクロ、60mm F2を発表

YONGNUOが60mm F2というマクロレンズを発表しました。 YONGNUO …

no image
どうしてレンズにカビが生える?正しい保管方法とは

レンズにカビが生えない保管方法は? どうしてレンズにカビが生える?正しい保管方法 …

新型レンズ、EF 50mm f/1.8 STMは写りも改善されていた

キヤノンの新しい撒き餌レンズ、EF 50mm f/1.8 STMのレビューがだん …

ソニーのGマスターレンズが凄い理由

ソニーが海外でGマスターレンズを3本発表しました。MTFやサンプル画像を見ると、 …