camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

kickstarterで古いトリプレット、 Glaukar 3.1への出資を募集中

   

kickstarterでEmil Busch Glaukar 3.1 Anastigmatというレンズへの出資を募っています。

Beautiful 1910 Emil Busch Glaukar 3.1 Anastigmat Lens Return

ロモグラフィーのペッツバールのような古いバレルレンズ、ブラスレンズを一眼レフなどのマウントにしたものです。
Emil Buschがメーカー名でGlaukar 3.1 Anastigmatがレンズ名です。
レンズは3群3枚で97mmのf/3.1。最短撮影距離が1.5mとかなり長いのが気になります。ミラーレスとヘリコイド付きのマウントアダプターをかませるという方法もありますが、恐らく性能が落ちるのでしょう。

サンプル写真を見ると、よく写っているように見えます。3群3枚は色収差の補正が出来ないので、1枚を貼り合わせて色消しとしたテッサーやエルマーの3群4枚、2枚を貼り合わせて3群5枚のヘリアーが生まれたわけですが、大きなレンズで周辺を使わないようにすれば、かなり写るのかもしれません。

レンズは絞り環もピントリングもついているのでロモのやつよりは使いやすそうです。ただ電子接点はついていないので、撮影モードなどの制限はあります。

トリプレット好きには興味深いレンズになりそうです。kickstarterを見る限りでは販売されるとなると10万円を超えそうなので高いなぁとは思います。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - レンズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ドローン向けに軽量化されたマイクロフォーサーズ用超広角レンズ

Venus Opticsが去年のフォトキナで展示していたマイクロフォーサーズ用の …

ソニーのGマスターレンズが凄い理由

ソニーが海外でGマスターレンズを3本発表しました。MTFやサンプル画像を見ると、 …

フルサイズのペッタックスで使えるレンズまとめ

フルサイズでも使えそうなペンタックスのレンズ ペンタックスがフルサイズを発表しま …

ロモ、LC-AのレンズがMマウントの交換レンズとして発売

ロモグラフィーが新しいMマウント用のレンズを発売します。 レンズはLC-A(いわ …

no image
フルサイズ対応の12mmでディストーションがほぼ0なレンズが中国で開発中

中国のメーカーがLaowa Zero-D 12 mm f2.8というレンズを開発 …

no image
Samyangnの135mmとソニーツァイスの比較

Samyangnの135mmとソニーのツァイス135mmを比較した記事が韓国のサ …

中国から85mm F1.2という魅力的なスペックのレンズが誕生

ミタコンが 85mm f/1.2 というレンズを発表しました。 Mitakon …

no image
サードパーティのレンズはカメラの機能が十分に使えない可能性はあるのか?

シグマやタムロン、トキナーなど、サードパーティのレンズはニコンやキヤノンのボディ …

no image
ほぼ無料で利用できる!メーカーのカメラ機材貸出サービスまとめ

カメラメーカーが自社の製品を購入前に試用できるようにサービスセンターなどで貸出を …

LENSBABYが新しい中望遠ソフトフォーカスレンズを発表

LENSBABYがVelvet 85 F1.8を発表しました。 velvet 8 …