camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

kickstarterで古いトリプレット、 Glaukar 3.1への出資を募集中

   

kickstarterでEmil Busch Glaukar 3.1 Anastigmatというレンズへの出資を募っています。

Beautiful 1910 Emil Busch Glaukar 3.1 Anastigmat Lens Return

ロモグラフィーのペッツバールのような古いバレルレンズ、ブラスレンズを一眼レフなどのマウントにしたものです。
Emil Buschがメーカー名でGlaukar 3.1 Anastigmatがレンズ名です。
レンズは3群3枚で97mmのf/3.1。最短撮影距離が1.5mとかなり長いのが気になります。ミラーレスとヘリコイド付きのマウントアダプターをかませるという方法もありますが、恐らく性能が落ちるのでしょう。

サンプル写真を見ると、よく写っているように見えます。3群3枚は色収差の補正が出来ないので、1枚を貼り合わせて色消しとしたテッサーやエルマーの3群4枚、2枚を貼り合わせて3群5枚のヘリアーが生まれたわけですが、大きなレンズで周辺を使わないようにすれば、かなり写るのかもしれません。

レンズは絞り環もピントリングもついているのでロモのやつよりは使いやすそうです。ただ電子接点はついていないので、撮影モードなどの制限はあります。

トリプレット好きには興味深いレンズになりそうです。kickstarterを見る限りでは販売されるとなると10万円を超えそうなので高いなぁとは思います。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - レンズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新型レンズ、EF 50mm f/1.8 STMは写りも改善されていた

キヤノンの新しい撒き餌レンズ、EF 50mm f/1.8 STMのレビューがだん …

高倍率ズームレンズが2つ発売

タムロンとニコンがそれぞれ高倍率ズームを発売します。 どちらも特徴的な高倍率ズー …

no image
Samyangnの135mmとソニーツァイスの比較

Samyangnの135mmとソニーのツァイス135mmを比較した記事が韓国のサ …

no image
どうしてレンズにカビが生える?正しい保管方法とは

レンズにカビが生えない保管方法は? どうしてレンズにカビが生える?正しい保管方法 …

トキナーがAT-X 11-20 F2.8 PRO DXのレビュー記事を掲載

トキナーがAT-X 11-20 F2.8 PRO DXのレビュー記事をアップしま …

ポートレートズームの系譜、中望遠2倍ズームレンズ

またシグマが意欲的なズームレンズを発表しました。F1.8通しのズームレンズ、50 …

Lensbabyが寄れて明るいソフトフォーカスレンズを発表

LensbabyがVelvet 56というレンズを発表しました。 Velvet …

ソニーがCESでFEマウントの新レンズを展示

ソニーはフルサイズのEマウント、FEマウント用レンズのロードマップを公開していま …

Samyangの新しいレンズは135mm F2

Samyangが新しいレンズをリリースしました。 スペックはスチル用が135mm …

意外と人気がある?45mmのレンズまとめ

タムロンが新しいSPシリーズとなる35mmと45mmの単焦点レンズを発表しました …