camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

ドローン向けに軽量化されたマイクロフォーサーズ用超広角レンズ

   

Venus Opticsが去年のフォトキナで展示していたマイクロフォーサーズ用の7.5mm f/2という超広角レンズを発表しました。

レンズ構成は9群13枚で歪曲収差はほとんどないそうです。絞り羽根は7枚、フィルター径は46mm。
換算15mmでf/2という明るさはそれだけで大きな特徴のあるレンズですが、一番の特徴は通常版と軽量版の2種類が用意される点。通常バージョンは200gで499ドル、軽量バージョンは150gで519ドル。軽量バージョンはドローンやジンバルでの使用を想定しているようです。
軽量バージョンは50gも軽くドローン向けということなので、MFレンズということを考えるとヘリコイドを省いているのかと思いましたが、読む限りでは素材の変更で軽量化しているとのこと。
換算15mmという超広角ながら通常版も200gと軽量で魅力的なレンズですが、マイクロフォーサーズはこういったドローン向けの軽量化されたレンズやボディが充実していくのかもしれません。

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - レンズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ソニーのGマスターレンズが凄い理由

ソニーが海外でGマスターレンズを3本発表しました。MTFやサンプル画像を見ると、 …

ソニーがCESでFEマウントの新レンズを展示

ソニーはフルサイズのEマウント、FEマウント用レンズのロードマップを公開していま …

中国から85mm F1.2という魅力的なスペックのレンズが誕生

ミタコンが 85mm f/1.2 というレンズを発表しました。 Mitakon …

新型レンズ、EF 50mm f/1.8 STMは写りも改善されていた

キヤノンの新しい撒き餌レンズ、EF 50mm f/1.8 STMのレビューがだん …

kickstarterで古いトリプレット、 Glaukar 3.1への出資を募集中

kickstarterでEmil Busch Glaukar 3.1 Anast …

no image
どうしてレンズにカビが生える?正しい保管方法とは

レンズにカビが生えない保管方法は? どうしてレンズにカビが生える?正しい保管方法 …

ニコンがDX用標準ズームレンズに採用した電磁絞りとは?

ニコンがAF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED V …

【中国製】撮影倍率2倍のマクロレンズのレビューを発見

以前に紹介した、中間リングを利用せず単体で撮影倍率2倍まで拡大可能な中国製のマク …

no image
世界最速f/0.75のレンズへの出資募集中

kickstarterで世界最速となる50mm f0.75の出資を募っています。 …

Samyangの新しいレンズは135mm F2

Samyangが新しいレンズをリリースしました。 スペックはスチル用が135mm …