camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

岩谷産業が蛍石の原料となるフッ化カルシウムの合成に成功。人口蛍石の低価格化に貢献する?

   

岩谷産業株式会社が蛍石の原料となるフッ化カルシウムの合成について発表しました。
<世界初 !> フッ化カルシウム(蛍石)合成技術を確立レンズ用原料として天然資源に依存しない安定供給を実現
岩谷というとカセットコンロくらいしか縁がありませんでしたが、こんな技術があるのですね。
プレスリリースによると、炭酸カルシウムとフッ化水素ガスを反応させるそうですが、フッ化水素ガスの扱い方に岩谷の技術が活きているということなので、ガスのイメージはあながち間違いではないようです。
今回合成したフッ化カルシウムは高純度で天然に産出する蛍石の最上級グレードと同等ということで、カメラ用のレンズや天体望遠鏡などの硝材として利用が可能であり、すでにサンプルの評価を光学レンズメーカーに依頼し、合格点をもらっているようです。
今回の合成技術により天然物とは異なり安定供給が可能とのことですが、値段については天然のものと比べると現状では倍の値段となっていて、直ちに安価な蛍石レンズの供給が可能になるわけではありません。
将来的には天然物と同程度の値段になることを目指しているようですが、数年で、というのは難しいのかなと思います。

気になるのは、天然原料から制作した蛍石と光透過特製が異なるようです。天然由来の蛍石では紫外線の透過率が低い一方で、今回の原料を使用したものは紫外線がしっかりと透過するそうです。
光学特性として優れ新しい硝材として注目された透明セラミック(村田製作所のルミセラ)は結局カメラ用には定着しませんでしたが、この原料を使用した蛍石はどうなるでしょうか?

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - ニュース

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

GoProもコンデジと同様に無くなる運命なのか?

GoProがドローン市場からの撤退、ドローン部門の閉鎖を決定したそうです。 さら …

HOYAの開発したレンズでAF精度が向上する!

日経新聞にこんな記事がありました。 HOYAはズーム撮影などの際のピント合わせが …

打倒Photoshop!Affinity Photoベータ版がリリース

Affinity PhotoがMac用のβ版アプリをリリースしました。 イギリス …

KICKSTARTERでcマウントのドカメラが目標の倍以上の資金獲得

KICKSTARTERでデジタルカメラの資金提供を募集中です。 fps1000 …

AIを利用したPixelmator Proが安くてよさそう

PixelmatorというmacOS用のレタッチソフトがProバージョンをリリー …

CP+の現地速報ツイートまとめ

2月12日開幕! CP+ 2015の出展概要と見どころまとめ CP+ 2015会 …

EOS M3はキヤノン製、EOS 5Dsはキヤノン設計をソニーが製造?

キヤノンが一気に新製品を発表しました。 デジタル一眼レフは5000万画素のEOS …

自分撮りを強化したGF7を発表。GM1、GM5との違いは?

パナソニックが新しいマイクロフォーサーズのボディ、LUMIX GF7を発表しまし …

線路内で撮りたいなら

線路内に降りて撮影したことでタレントさんが書類送検されました。正直、Twitte …

Xiaomiが4k対応で460ドルのドローンを発表

Xiaomiが低価格の4k対応ドローン、Mi Droneを発表しました。4k対応 …