camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

ふるさと納税の返礼品にコシナ製レンズ

   

長野県中野市がふるさと納税の返礼品にコシナのレンズを採用しました。
ふるさと納税 長野県中野市
コシナ製のフォクトレンダー、ツァイスレンズのうち17種類が選べるとのこと、マウントはニコンFマウント、キヤノンEFマウント、ライカMマウント、マイクロフォーサーズ、ソニーEマウント、と豊富です。

66万円以上の寄付でOtus 55mmがもらえます。価格ドットコムの最安値で365,200円となっているので、レンズ代プラス30万円となります。ふるさと納税による控除上限が30万円以上であればお得になります。
自営業、個人事業主であれば、住民税の1割程度が控除上限のようなので、住民税が300万円くらい、課税所得は2000万円くらいになるのでしょうか?
税金のことをまるで知らないので、数字はだいぶ怪しいですが、かなりの所得がある方はお得になりそうです。

Otusはともかく、7万円以上のふるさと納税でMマウント用の35mmが返礼品としても貰えるので、レンズは35000円くらいなのでこちらの方はお得になる課税所得に現実味があります。

コシナ、中野市を応援したいという方はお得になるかどうかは関係なくふるさと納税を見当してみてもいいのでは。

VoightLander 単焦点広角レンズ COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII 130715 <BR>” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
フォクトレンダー
売り上げランキング: 101,902

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - ニュース

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ロイターがRAWからの現像を原則禁止と通告

ロイター通信社がフリーランスのフォトグラファーに向けて、RAWファイルから現像し …

DxO OpticsProがDxO PhotoLabにリニューアル

DxO OpticsProがDxO PhotoLabと名前を変更してリリースされ …

Lightroom6は64bit専用になることが明らかに

Adobeが次期Lightroom、6は64ビット専用になることを明らかにしまし …

Android版Light room登場*ただしハードに制限あり

Android向けAdobe Lightroom mobileがリリースしました …

キヤノンがストロボにリチウム電池を使わないよう告知、リチウム電池って?

キヤノンがストロボにリチウム電池を使わないように告知を行いました。 まれに電池が …

Yongnuo、キヤノン用に続き、ニコン用パクリレンズを開発中

imaging-resourceによると、Yongnuoはニコン用の35mm f …

Yongnuoがレンズを発売!?しかし、これは明らかに

Yongnuoが50mmのF1.4というスペックのレンズを発売するそうです。 首 …

EyefiがRAW対応Mobi Proを発表

Eyefiの新製品、Mobi Proが海外で発表されました。 従来からあるEye …

no image
アディダスがワールドカップに向けてボールにカメラを内蔵!

アディダスがブラジルワールドカップ公式球brazuca

iOS11のHEIFはちゃんと普及すると思う

iOS11で標準の画像フォーマットがHEIFというものにかわりました。 JPEG …