camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

エプソンが超大容量インクジェットプリンターをアメリカで発表

   

エプソンがEcoTankというシステムを搭載したプリンターを北米で発表しました。
EcoTank Supertank Printers
et2550

これまでにも東南アジアなどでは大容量インクカートリッジを採用したプリンターを販売していましたが、アメリカで発表されたEcoTankはインクのリフィルという仕組みです。
ET-2500、ET-2550というモデルの場合、インクの容量はこれまでのカートリッジ20個分、カラーなら6500枚の印刷が可能ということなので、かなりの大容量です。

日本や欧米ではプリンター本体を安く販売しインクカートリッジで稼ぐ、というビジネスモデルでしたが、その戦略を一気に方向転換する商品になります。
キヤノンの最も安いインクジェットプリンターはインクを買い足すよりも本体を買い換えた方が安上がりです。
例えば、4色インクのPIXUS IP2700は記事を書いている時点では3000円です。
さすがに、ここまで安くなるとインクジェットプリンターの事業は破綻しかけているのかもしれません。

今回発表されたET-2550の本体が400ドル、インクがCMYKの4色でそれぞれ13ドルとなっているので、ランニングコストはかなり安くなりそうです。
ただ、気になるのはヘッドがどうなるのか?という点。インクジェットプリンターの弱点は長い時間使わないでいると、ヘッドが乾いてかすれるということです。
月に何度か使っていれば問題ないと思われますが、数ヶ月に一度まとめて印刷する、というような使い方でも問題ないのか、ヘッドに問題が出た時に簡単に交換できるのかどうかきになります。
他には長く使っていると廃インクトレイが溜り、メーカー送りになるのですが、それはどうなっているのか。

日本での発売はあるのか、発表するとしたら年賀状の季節にあわせて10月くらいからでしょうか。
ランニングコストを気にせずに、どんどん写真をプリントしたら楽しいと思うので是非日本でも出して欲しい。

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - ニュース ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ロモグラフィーが超低感度フィルムを発売

Lomographyが新しいフィルム、KONO Donauを発表しました。 この …

iPhoneに交換レンズを装着可能になるかもって話題があるけど、既に可能ですよ

次のiPhoneはコンバージョンレンズを装着できるのではないか?という話が少し盛 …

HOYAの開発したレンズでAF精度が向上する!

日経新聞にこんな記事がありました。 HOYAはズーム撮影などの際のピント合わせが …

Lytroで背景の合成が超簡単に

後からピントの位置を変えることが出来るライトフィールドカメラ、LytroがPC用 …

Lightroom6は64bit専用になることが明らかに

Adobeが次期Lightroom、6は64ビット専用になることを明らかにしまし …

ライカストア京都のPVがカッコイイ!

3月に国内7店舗目としてオープンしたライカストア京都店のPVがカッコイイです。 …

EOS M3はキヤノン製、EOS 5Dsはキヤノン設計をソニーが製造?

キヤノンが一気に新製品を発表しました。 デジタル一眼レフは5000万画素のEOS …

ソニーが0.005ルクスでも撮影できるセンサーを発売

ソニーが0.005ルクスでも撮影できるセンサーを発表しました。 世界最高感度の車 …

Flickrが写真をパネルにするサービスを開始(ただしアメリカ国内のみ)

Flickrが写真をパネルにするサービス、Flickr Wall Artを開始し …

MITが映り込みを取り除くアルゴリズムを開発。映り込みを防ぐ方法とは

MITの研究員が映り込みを取り除く新しいアルゴリズムを開発したそうです。 Rem …