camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

エプソンが超大容量インクジェットプリンターをアメリカで発表

   

エプソンがEcoTankというシステムを搭載したプリンターを北米で発表しました。
EcoTank Supertank Printers
et2550

これまでにも東南アジアなどでは大容量インクカートリッジを採用したプリンターを販売していましたが、アメリカで発表されたEcoTankはインクのリフィルという仕組みです。
ET-2500、ET-2550というモデルの場合、インクの容量はこれまでのカートリッジ20個分、カラーなら6500枚の印刷が可能ということなので、かなりの大容量です。

日本や欧米ではプリンター本体を安く販売しインクカートリッジで稼ぐ、というビジネスモデルでしたが、その戦略を一気に方向転換する商品になります。
キヤノンの最も安いインクジェットプリンターはインクを買い足すよりも本体を買い換えた方が安上がりです。
例えば、4色インクのPIXUS IP2700は記事を書いている時点では3000円です。
さすがに、ここまで安くなるとインクジェットプリンターの事業は破綻しかけているのかもしれません。

今回発表されたET-2550の本体が400ドル、インクがCMYKの4色でそれぞれ13ドルとなっているので、ランニングコストはかなり安くなりそうです。
ただ、気になるのはヘッドがどうなるのか?という点。インクジェットプリンターの弱点は長い時間使わないでいると、ヘッドが乾いてかすれるということです。
月に何度か使っていれば問題ないと思われますが、数ヶ月に一度まとめて印刷する、というような使い方でも問題ないのか、ヘッドに問題が出た時に簡単に交換できるのかどうかきになります。
他には長く使っていると廃インクトレイが溜り、メーカー送りになるのですが、それはどうなっているのか。

日本での発売はあるのか、発表するとしたら年賀状の季節にあわせて10月くらいからでしょうか。
ランニングコストを気にせずに、どんどん写真をプリントしたら楽しいと思うので是非日本でも出して欲しい。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - ニュース ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

HOYAの開発したレンズでAF精度が向上する!

日経新聞にこんな記事がありました。 HOYAはズーム撮影などの際のピント合わせが …

世界一大きい365ギガピクセルの写真

モンブランで撮影された7000枚の写真を合成し、世界一大きい365ギガピクセルの …

RX10、QX10、QX100が5月21日から値上げ

ソニーが5月21日から製品の一部の出荷価格を値上げすることを告知しました。 今回 …

中国から世界初!無限遠から撮影倍率2倍まで可能なマクロレンズ

中国のVenus Opticsというメーカーが60mm f2.8のマクロレンズを …

CP+の隠れた見どころツイートまとめ

三井公一と荻窪圭がCP+のポイント指南 ショウルームで見られないものに注目すべし …

no image
マウントアダプター形式の電子式可変NDフィルター開発中

アムステルダムで開催されたIBM2015で電子式可変NDフィルターが展示されてい …

Seagateが世界最薄HDDとWiFi付きHDDを発表

Seagateが世界最薄となる外付けHDD、「seven」を発表しました。 名前 …

フジフイルムがイギリスでE-6現像を終了

フジフイルムがイギリスでのE-6現像の終了を告知しました。 E-6現像はポジフィ …

Yongnuo、キヤノン用に続き、ニコン用パクリレンズを開発中

imaging-resourceによると、Yongnuoはニコン用の35mm f …

KICKSTARTERでcマウントのドカメラが目標の倍以上の資金獲得

KICKSTARTERでデジタルカメラの資金提供を募集中です。 fps1000 …