camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

ニコンがiOSでアプリを出す?でも、どんなアプリ?

   

ニコンルーマーズにニコンUSAとアップルが協業しiOS用アプリを開発しているらしい、という記事をアップしました。
Update on the secret Nikon iOS project
ニコンルーマーズでは、アプリは恐らくニコンからリリースされると予想しています。また、フィルターを後から購入して追加できる、というようなアプリを予想しています。
フィルターなどをあとから追加できる仕組みはファームアップで行われたり、アプリを利用する方法は既にソニーが採用していますので、可能性はあるかもしれません。

スマホとデジカメ

各メーカーはスマホやタブレットからデジカメを操作したり、データを移すためのアプリをリリースし、デジカメとスマホの連携を狙っています。
新しく発売されるデジカメの多くがWiFiを搭載し、スマホにインストールしたアプリを通してデジカメとスマホの連携が可能です。
パナソニック1インチセンサーを採用したスマホ、CM1を発売し好評です。スマホとの連携ではなく、スマホをデジカメに近づけたパターンです。
ニコンはAndroidを採用したデジカメ、S810cをだしています。こちらはデジカメをスマホ、スマートデバイスに近づけた感じです。CM1の好評を考えるとこのデジカメの後継機も期待したいところです。
カシオのEX-ZR1600はスマホとの接続をWiFiではなく、Bluetooth Smartで行うことで常時接続することで使い勝手を向上させています。
このような感じで各メーカー、スマホに押されないよう、スマホとの連携を模索しています。

カメラメーカーが考えなかった連携

一方でカメラメーカー以外にもスマホと接続することでデジカメを便利に使おう、という動きがあります。
例えばトリガートラップです。トリガートラップはスマホのセンサーを利用したトリガーです。
スマホとカメラを優先で接続し、スマホが音や光、加速度を探知するとそれがトリガーとなり自動で写真を撮るというものです。
音を利用したトリガーなら割れる瞬間の風船やガラスなどが撮れますし、光をトリガーとすれば雷を撮ることができます。
スマホを利用しないトリガーは既に販売されていて、割れる瞬間などを撮るために音を利用したトリガーは商業写真では既に欠かせないものとして使われているようです。
トリガートラップのようにスマホをデジカメに従わせるような使い方も今後は増えてくるかもしれません。

スマホと競合しない道の模索

今回の噂はどんな結末になるかわかりませんが、ニコンはスマホと競合しないスマホの使い方、スマホの活かし方を模索しているのかもしれません。
データをスマホに移すだけでは、最初からスマホで撮れば面倒がないですからね。スマホのカメラはデジカメに敵わないかもしれませんが、近づくことは十分可能ですからね。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - ニュース ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Android版Light room登場*ただしハードに制限あり

Android向けAdobe Lightroom mobileがリリースしました …

no image
石内都さんがハッセルブラッド賞を受賞

写真家の石内都さんがハッセルブラッド賞を受賞しました。 Miyako Ishiu …

EyefiがRAW対応Mobi Proを発表

Eyefiの新製品、Mobi Proが海外で発表されました。 従来からあるEye …

Xiaomiが4k対応で460ドルのドローンを発表

Xiaomiが低価格の4k対応ドローン、Mi Droneを発表しました。4k対応 …

RX10、QX10、QX100が5月21日から値上げ

ソニーが5月21日から製品の一部の出荷価格を値上げすることを告知しました。 今回 …

1億画素の全天球カメラがCESで

Pananoが1月に開催されるCESでボール型の全天球カメラを発表するとアナウン …

サルが撮った写真に著作権を認めない

US Copyright Officeが改訂した“Compendium of U …

HTCがアクションカメラを発表

以前から噂がありましたが、スマホで有名な台湾のメーカーHTCがアクションカメラ、 …

2015年のワーストカメラは?

Photo Rumorsで2015年ワーストカメラの投票が行われています。 20 …

Lytroで背景の合成が超簡単に

後からピントの位置を変えることが出来るライトフィールドカメラ、LytroがPC用 …