camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

α7Sより暗所に強い?低画素カメラが発売

   

auroraという名前の超低照度向けのカメラが発表されました。販売しているのはSiOnyxというアメリカの会社で、ナイトスコープを中心に販売しているようです。
SiOnyx
月の明かりだけ、0.001luxでも撮れるカメラだそうです。

元々はKickstarterで出資を募ったもので、それが一般にも販売されるようです。


動画ではGoProと比較していますが、確かにはっきりと綺麗に写っています。
aurora1インチのセンサーと940nmまでの赤外線を利用することで、暗くてもここまで鮮明に写っているようです。
単眼鏡のような見た目ですが、EVFが付いていて実際に単眼鏡のように使えるようです。
画素数は90万画素ということなので、1インチではありますが、1ピクセルあたりの面積はかなり大きなものになっています。1インチセンサーの面積はフルサイズの1/8くらいですので、フルサイズなら720万画素程度で、ソニーのα7sシリーズよりも1ピクセルが大きいことになります(1ピクセル毎に仕切っている壁の厚みがあるので実際にどうなのかは不明ですが)。
またカメラは水深3フィートで30分の防水性能があるそうなので、ダイビングや川遊びなどにもいいかもしれません。
レンズは16mmですので、フルサイズ換算で43mm程度なのでアクションカムのような感じで使うには少し物足りない気がしますが、唯一無二の道具なので工夫して使えばいいでしょうか。
お値段は高そうですが799ドルとのこと(プレオーダーで10%引きです)。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - カメラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

各メーカーのミラーレスに搭載されているWi-Fi機能を確認してみた

各メーカーのミラーレスはスマホやタブレットとの連携を掲げることが多いので、Wi- …

全天球カメラまとめ

改めて全天球カメラが注目を集めています。注目の要因の一つはVRが注目されヘッドマ …

自転車・釣具業界からアクションカムに殴りこみ

自転車や釣具で有名なシマノがアクションカムを発表しました。 SPORT CAME …

no image
GPS付きデジカメを中国で使うのは危険?

以前はロシアのウラジオストクで写真を撮っていると拘束された、なんて話も聞きました …

手仕事で塗装を剥がしたライカM-Pが限定発売

限定のライカが2種類デビューです。 一つはレニー・クラビッツとのコラボモデル、も …

no image
1つで5種類のマウントが使えるアダプターが発売

Kマウントのデジタル一眼レフにニコンFマウント、オリンパスOMマウント、コニカ、 …

Red Epic DragonがDxOMarkで最高点を獲得

Red Epic DragonがDxOMarkで最高点を獲得しました。 これまで …

no image
ペンタックスの新しいデジタル一眼レフの謎

ペンタックスが開発を発表した新しいデジタル一眼レフ。 ペンタックスの新デジタル一 …

K-S1高感度のノイズがペンタックスで一番少ない

田中希美男さんのブログ、Photo of the DayにK-S1の高感度ノイズ …

ついに中版デジカメもミラーレスにPhase Oneが世界最軽量中版デジカメを発表

Phase Oneが中版デジカメの最新作、iXU 150を発表しました。 IXU …