camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

α7Sより暗所に強い?低画素カメラが発売

   

auroraという名前の超低照度向けのカメラが発表されました。販売しているのはSiOnyxというアメリカの会社で、ナイトスコープを中心に販売しているようです。
SiOnyx
月の明かりだけ、0.001luxでも撮れるカメラだそうです。

元々はKickstarterで出資を募ったもので、それが一般にも販売されるようです。


動画ではGoProと比較していますが、確かにはっきりと綺麗に写っています。
aurora1インチのセンサーと940nmまでの赤外線を利用することで、暗くてもここまで鮮明に写っているようです。
単眼鏡のような見た目ですが、EVFが付いていて実際に単眼鏡のように使えるようです。
画素数は90万画素ということなので、1インチではありますが、1ピクセルあたりの面積はかなり大きなものになっています。1インチセンサーの面積はフルサイズの1/8くらいですので、フルサイズなら720万画素程度で、ソニーのα7sシリーズよりも1ピクセルが大きいことになります(1ピクセル毎に仕切っている壁の厚みがあるので実際にどうなのかは不明ですが)。
またカメラは水深3フィートで30分の防水性能があるそうなので、ダイビングや川遊びなどにもいいかもしれません。
レンズは16mmですので、フルサイズ換算で43mm程度なのでアクションカムのような感じで使うには少し物足りない気がしますが、唯一無二の道具なので工夫して使えばいいでしょうか。
お値段は高そうですが799ドルとのこと(プレオーダーで10%引きです)。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - カメラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
フィルムの時代はいつ終わったのか
CP+の見どころはコレ!

13日からCP+が開催されます。 カメラの見本市で、他にはドイツで二年に一度開催 …

1インチ高倍率ズーム機の特長と長所・短所

1インチの撮像ししに高倍率ズームレンズを組み合わせたデジカメ、三種類の特長などを …

no image
1つで5種類のマウントが使えるアダプターが発売

Kマウントのデジタル一眼レフにニコンFマウント、オリンパスOMマウント、コニカ、 …

全天球カメラまとめ

改めて全天球カメラが注目を集めています。注目の要因の一つはVRが注目されヘッドマ …

撮影後にピントの位置を変えちゃうLytroが本格的なカメラを開発

写真は撮影時にピントの位置を決めるものですが、最近では撮影したデータを元にピント …

早速銀座でα7 IIを触ってきた人の感想まとめ

展示について 栄のソニーストア、α7の開発担当者が3日間だけ常駐して、質問随時受 …

パナソニックDMC-G7の変更点とフジX-T10との違い

パナソニックDMC-G7の変更点とフジX-T10との違い パナソニックが4k対応 …

換算21mmのインスタントカメラをロモグラフィーが発表

Lomographyが広角レンズを使用したインスタントカメラ、Lomo’Inst …

no image
各社アクションカム比較

GoPro HERO3 GoPro HERO3+ GoPro HERO3 Son …