camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

GoPro用の超高額(約90万円)のアクセサリーが誕生

   

GoProが専用の無線トランスミッター、HEROCastを発表しました。お値段なんと7500ドル、約90万円!
HEROCast

HEROCastはGoProとHDMIで接続することで、映像を無線で送信することが可能です。テレビ番組の放送などでの使用を見込んでいるそうです。
既にNHLやXgamesなどの中継に使用したことがあるそうです。

GoProとHDMIで接続、撮影している映像をMPEG-4 AVC/H.264でエンコードし、ワイヤレスで送信するエンコーダ+トランスミッタ機能を備えた製品。1080/60p、720/60p映像を低遅延で処理・伝送できるという。
 伝送にはデジタル変調のCOFDM方式を採用しており、GoProでは「市場で最小・最軽量のCOFDMハイビジョンワイヤレストランスミッタ」と紹介している。開発はVislinkと共同で行なわれた。バッテリの持続時間は約40分。
GoPro、撮影映像を1080/60pでワイヤレス・ライブ配信できる「HEROCast」

スペックのことはよくわかりませんが、値段から考えても民生用というよりは放送用のようです。放送機材として考えると、高いものではなくむしろ安いと思うのでネット配信などでも使用されるでしょう。
あとはバッテリーが1時間くらいもてばサッカー中継にも使えそうですですし、用途が広がるでしょう。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - アクセサリー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

GODOXのAD200と600の中間、AD400を発表

GodoxがAD400Proを発表しました。 GODOX 400WS AD400 …

キヤノンから純正マグニファイヤーが発売

キヤノンからマグニファイヤーMG-EbとMG-Efが発売。でもマグニファイヤーっ …

no image
世界初の可変ハーフNDフィルター

Aurora Apertureというアクセサリーメーカーが世界初の可変ハーフND …

Bluetoothでスマホと接続するライトメーター開発中

Illuminatiという露出計、カラーメーターがKickstarterで出資を …

no image
Godoxがヘッドが分離するバッテリー式モノブロックストロボを発表

Godoxが新しいバッテリー式のモノブロックストロボ、Witstro AD600 …

マクロレンズを買わずにマクロを撮る方法

暖かくなり色々な花が咲くようになるとマクロレンズの季節です。今回はマクロレンズを …

YONGNUOがリチウムイオンバッテリーを採用したクリップオンを発表

YONGNUOがリチウムイオンバッテリーを採用したYN686EX-RTを発表しま …

Godoxがスマホでフラッシュを使えるアクセサリーを開発中

Godoxがスマートフォンでもストロボを使えるようにするA1というものを開発中で …

Lightroom用物理コンソールが発売

Lightroom用物理コンソール、LoupedeckがIndiegogoで出資 …

モノブロックっぽいスタイルのLED、SL-60を買いました

GodoxのSL-60というLEDを購入したので、ちょっと紹介します。 見た目は …