camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

GoPro用の超高額(約90万円)のアクセサリーが誕生

   

GoProが専用の無線トランスミッター、HEROCastを発表しました。お値段なんと7500ドル、約90万円!
HEROCast

HEROCastはGoProとHDMIで接続することで、映像を無線で送信することが可能です。テレビ番組の放送などでの使用を見込んでいるそうです。
既にNHLやXgamesなどの中継に使用したことがあるそうです。

GoProとHDMIで接続、撮影している映像をMPEG-4 AVC/H.264でエンコードし、ワイヤレスで送信するエンコーダ+トランスミッタ機能を備えた製品。1080/60p、720/60p映像を低遅延で処理・伝送できるという。
 伝送にはデジタル変調のCOFDM方式を採用しており、GoProでは「市場で最小・最軽量のCOFDMハイビジョンワイヤレストランスミッタ」と紹介している。開発はVislinkと共同で行なわれた。バッテリの持続時間は約40分。
GoPro、撮影映像を1080/60pでワイヤレス・ライブ配信できる「HEROCast」

スペックのことはよくわかりませんが、値段から考えても民生用というよりは放送用のようです。放送機材として考えると、高いものではなくむしろ安いと思うのでネット配信などでも使用されるでしょう。
あとはバッテリーが1時間くらいもてばサッカー中継にも使えそうですですし、用途が広がるでしょう。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - アクセサリー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

LaowaがフジGFXでフルサイズ用レンズが使えるアダプターを発表

Laowaがフルサイズ用レンズをフジのGFX50で使用するためのマウントアダプタ …

Wi-FiやBluetooth経由でデジカメをコントロール出来るやつ、日本でも欲しい!

CamBuddy Proというのが発売になります。 CamBuddy Pro ス …

スマホを外部モニター、さらに記録まで出来るLukilink

スマホをデジカメの外部モニターとして使うことが出来る、Lukilinkというもの …

no image
世界初の可変ハーフNDフィルター

Aurora Apertureというアクセサリーメーカーが世界初の可変ハーフND …

マクロレンズを買わずにマクロを撮る方法

暖かくなり色々な花が咲くようになるとマクロレンズの季節です。今回はマクロレンズを …

no image
Godoxのクリップオンストロボの種類とその違い

Godoxのクリップオンストロボ V850、V860シリーズ V850、V860 …

no image
1つで5種類のマウントが使えるアダプターが発売

Kマウントのデジタル一眼レフにニコンFマウント、オリンパスOMマウント、コニカ、 …

Rotlightがフラッシュとしても使えるLEDを発表

Rotolightがハイスピードシンクロが可能なLED、NEO 2を発表しました …

no image
レンズが太くてボディからはみ出て三脚が使えない時は

レンズが太くて雲台に干渉して三脚が使えない!なんてことがあるかもしれません。フラ …

no image
サンディスクかトランセンドか、SDカードの信頼性

デジカメのデータ保存に使われるメディアはSDカードが多いですが、このSDカード案 …