camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

マンフロットがiPadからカメラをコントロールするアクセサリーを発表

   

マンフロットがNBAでDigital Directorという製品を発表しました。
カメラ→Digital Director→iPad Airと接続することで、ニコン、キヤノンのデジタル一眼レフをiPad Airでコントロールするための製品です。

見た目はタブレットを三脚に据えるホルダーのような形状です。
iPadに挿すlightningコネクター、カメラと接続するためのUSB、三脚穴などがあります。
base

connection1

connection2

単純にlightningとUSBを変換するだけではカメラのコントロールができないので、カメラのコントロールが可能になるようなハードも搭載されています(バッテリーは単3を4本使うようです)。
カメラのコントロールには専用のアプリを利用するようで、カメラ(機種)によってコントロールできる範囲が多少異なるようです。
もちろん外部モニターとしても使えます。

MVDDA13_journalist-application

カメラとパソコンを繋いで撮影する、テザー撮影という方法がスタジオでは使われますが、それに近い事が可能になるようです。
パソコンとの接続と違い、タブレットをマジックアーム
などを使えば三脚や動画用のリグなど固定することもできるので、スタジオだけでなくロケなどでの使い勝手はかなりいいのではないかと思います。

気になるのは、iPad AirとiPad Air 2専用という点。
専用とすることで余計なケーブルがなくスマートですが、AndroidやiPad miniなどに対応した汎用性の高いものだったら、と思わずにはいられません。
日本のメーカーもこういった面白い製品をどんどん出して欲しいですが、アクセサリー類は中々海外製品に敵いませんね。
ちなみにお値段は499.99ドル。

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - アクセサリー ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
なぜ動画用雲台がスチルでも流行っているのか?

写真撮影に使われる雲台というと、3way雲台と自由雲台が一般的でしたが、最近では …

単3電池6本で使えるモノブロックタイプのストロボ

中国のメーカーがバッテリー駆動のモノブロック型ストロボを発表しました。 バッテリ …

YONGNUOがリチウムイオンバッテリーを採用したクリップオンを発表

YONGNUOがリチウムイオンバッテリーを採用したYN686EX-RTを発表しま …

Yongnuoのクリップオンストロボ、YN560シリーズの違い

格安のクリップオンストロボとして、多灯撮影の入門として人気があるYN560シリー …

Godoxがスマホでフラッシュを使えるアクセサリーを開発中

Godoxがスマートフォンでもストロボを使えるようにするA1というものを開発中で …

SW320
BenQがHDR対応4kディスプレイを発表

BenQがHDR対応の4kディスプレイ、 SW320を発表しました。AdobeR …

テンバが折りたためるカメラバッグを発表

テンバが世界初の折りたたみ式カメラバッグ、Packliteシリーズを発表しました …

Godoxの新しいトランスミッターはボタンが増えて使いやすそう

GodoxがXproという新しいトランスミッターを発表しました。 現在、プレオー …

100万円以上の機材と5万円程度の機材では差が少ない?

Profotoの機材と安い機材で同じように撮れるのか比較をした動画です。 Pro …

廉価なバッテリー式モノブロックが発売

バッテリータイプのモノブロックストロボ、cononmark B4が発売されます。 …