camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

スマホ用電動スタビライザーが凄い

   

動画撮影用のスタビライザーというとステディカムが有名です。
ヌルヌルとした独特の動きが特長で、ステディカムが使われている映画としてはキューブリックのシャイニングが有名です。

ステディカムのようなスタビライザーはジンバルと呼ばれるやじろべえのようなものを使って、ブレを吸収してヌルヌルな動きになるのですが、最近はモーターで動きを吸収するタイプのものが増えています。
マルチコプター、いわゆるドローンに付いているものから、商業向け動画撮影に使われるもの、などサイズは様々で小さいものはiPhoneやGoProに使えるものまで。
デジタル一眼レフでも使えるタイプは20万円くらいするのですが、iPhoneなどスマホで使えるタイプな意外とリーズナブルで3万円程度からあります。

スマホ、GoProに使える電動スタビライザー

例えばサンコーの3軸電子制御カメラスタビライザーは税込みで29800円です。
ただ、人気商品なようで、在庫がない状態が続いています。
3軸電子制御カメラスタビライザー

動画を見るとかなり効果があるのがわかります。
やじろべえ式のスタビライザーはある程度カメラが重くないと効果が薄いので、スマホやGoProには向かないため、電動タイプの方が効果がありそうです。
ミラーレスに対応できるサイズもあればいいのですが、そこまで行くと10万円近くに。
パナソニックの1インチスマホ、CM1なら4k動画も撮影できるので、組み合わせたら凄いものが撮れそうな気がします。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - アクセサリー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

格安中華ストロボ3種を比較。オススメはNW-561

手持ちの中華ストロボが3種類になったので、紹介します。NW560、NW561、Y …

Yongnuoのクリップオンストロボ、YN560シリーズの違い

格安のクリップオンストロボとして、多灯撮影の入門として人気があるYN560シリー …

中判デジタルでもモノブロックでハイスピードシンクロ

ペンタックスのP-TTLに対応したバッテリー式のモノブロックストロボ用のリモート …

no image
Godoxのクリップオンストロボの種類とその違い

Godoxのクリップオンストロボ V850、V860シリーズ V850、V860 …

no image
高級フィルター戦争勃発?

ヨドバシカメラやビックカメラで初めてデジイチを買うと一緒に購入を勧められるのが保 …

100万円以上の機材と5万円程度の機材では差が少ない?

Profotoの機材と安い機材で同じように撮れるのか比較をした動画です。 Pro …

Rotlightがフラッシュとしても使えるLEDを発表

Rotolightがハイスピードシンクロが可能なLED、NEO 2を発表しました …

ソフトケースにもなるバウンスアダプターが発売

クリップオンストロボ用ソフトケースをバウンスアダプターにしてしまう、アイデア商品 …

Logitechがダイヤル付きキーボードを発売

LogitechがCraftというキーボードをプレオーダー中です。 23750円 …

可変NDフィルターの値段の違い、オススメは?

可変NDフィルターフィルターとは? 可変NDフィルターとはNDフィルター(減光フ …