camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

廉価なバッテリー式モノブロックが発売

      2015/04/23

バッテリータイプのモノブロックストロボ、cononmark B4が発売されます。
バッテリータイプのモノブロックストロボはProfotoのB1が人気ですが、中国製の似たような?ものがcononmarkのB4です。

B4 バッテリ-フラッシュキット400W
cononmark_b4_dos

中国製のモノブロックストロボはいくつもあるのですが、バッテリータイプは珍しいと思います。
出力は400Wsで1/64まで絞れます。
カメラ側に付けるリモートコントローラーではチャンネルが5つあり、同時に5チャンネルを発光させることも、バラバラに発光させることも可能なようです。
リフレクターが付属しますが、アクセサリー類はコメットのものを利用できるそうです。
バッテリータイプなので発光回数が気になりますが、300回とのこと。
撮影によっては予備バッテリーが必要になりそうですね。

販売は今のところヨドバシカメラとアマゾンで予定されているようです。
お値段は税別69800円で、ヨドバシではここにポイントが付きます。

ちなみに、Strobeam D4という製品にそっくりなので、ググると英語のレビュー記事がいくつかあります。
ただこちらはTTLが使えるようなので、全く同じということはなさそうです。

中国製の安いクリップオンを複数使うというケースも多いと思いますが、屋外の撮影などではクリップオンでは力不足というケースは多いと思うので、バッテリータイプのモノブロックが一つあると表現の幅が広がりそうです。

~追記~
代理店のテイクがAmazonで販売を行っています。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - アクセサリー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ケンコーは中国メーカーの電動スタビライザーを販売

ケンコープロフェッショナルイメージングが電動スタビライザー「WenPod」を販売 …

Canon UKがハンザキヤノンの模型を販売

Canon UKが直販グッズの一つとしてハンザキヤノンの模型の販売を開始しました …

no image
なぜ動画用雲台がスチルでも流行っているのか?

写真撮影に使われる雲台というと、3way雲台と自由雲台が一般的でしたが、最近では …

GODOXが発光部分を交換出来るストロボを発表

GODOXがWITSTROシリーズの新作としてAD200を用意しているようです。 …

プロカメラマンは普通の人の5倍以上視線を動かしていた

キヤノンUSAがyoutubeにアップした動画、The Obsession Ex …

GoPro用の超高額(約90万円)のアクセサリーが誕生

GoProが専用の無線トランスミッター、HEROCastを発表しました。お値段な …

GODOXがTTL対応ラジオスレーブを発表。技適取得で日本への導入も?

GodoxがE-TTL対応のラジオスレーブ、X1-Cを開発しました。 まだ価格な …

Yongnuoのクリップオンストロボ、YN560シリーズの違い

格安のクリップオンストロボとして、多灯撮影の入門として人気があるYN560シリー …

no image
ライカMマウントレンズを無理矢理AFで使うマウントアダプター

ソニーEマウントでライカMマウントのレンズをAFで撮影できるマウントアダプターが …

Godoxがスマホでフラッシュを使えるアクセサリーを開発中

Godoxがスマートフォンでもストロボを使えるようにするA1というものを開発中で …