camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

なぜ動画用雲台がスチルでも流行っているのか?

   

写真撮影に使われる雲台というと、3way雲台と自由雲台が一般的でしたが、最近では動画用のフルード雲台が流行っています。

動画用雲台が使われるケースの一つは超望遠レンズとの組み合わせです。超望遠レンズの場合はジンバル雲台が定番でしたが、動画用雲台にだいぶ変わった印象があります。超望遠レンズを使う場合、構図を調整するためにほんの少しだけ動かしたいという時に動画用雲台が便利です。動画用雲台は油圧式のため、緩めてもガクッと動かずにゆっくりと動きます。そのため、自由雲台や3way雲台と比べると、ほんのわずかだけ動かしたいという時に使い勝手がいいのです。
動画用雲台はカメラを縦に立てて固定することが出来ない、縦位置で撮影することが出来ないデメリットがありますが、超望遠レンズの場合は三脚座を利用するので雲台側は縦位置に対応していなくても問題ありません。

超望遠以外でも動画用雲台は使われています。中でも流行っているのが動画用雲台と写真用の軽量三脚、トラベル三脚と呼ばれるものとの組み合わせです。動画と写真どちらも撮影し、かつ機材を軽くしたいという方に向いています。元々はドキュメンタリー系の撮影をする方が軽量で小型のカーボン製三脚との組み合わせたことが流行ったきっかけです。ドキュメンタリーを撮影するプロ、ビデオグラファーやシリアスフォトグラファーだけでなく、荷物を減らしたい旅行にもちょうどいい組み合わせといえます。
動画用雲台なので縦位置にする場合はL型のクイックシューを組み合わせるなどの工夫が必要ですが、荷物を減らすことを考えると縦位置は手持ち撮影だけと割り切るのもよいかと思います。
一眼レフやミラーレスの動画機能も、オマケとはいえないものになってきていますし、動画を撮ってみたらハマったという方も増えています。小型カーボン三脚と動画用雲台の組み合わせは、流行という一過性のものではなく一般的になるかもしれません。

動画用雲台を使ううえで気になるのは縦位置にどうやって対応するか、です。三脚座を使う時は三脚座で対応します。それ以外はL字のブラケットを介するか、L字のアルカスイス互換クイックシューを使う方法が多いようです。

ETSUMI 撮影用品 縦位置L型ブラケット E-6082
エツミ
売り上げランキング: 24,204

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - アクセサリー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

DJIがスマホ用ジンバルOSMO MOBILEを発売

DJIがスマートフォン用のジンバル、Osmo Mobileを発表しました。 Os …

no image
スマホ・GoPro用のステディカムVoltが登場

今年1月にKickstarterで募集されていたスマホ・GoPro用のステディカ …

AD200用延長ヘッドでB2みたいに

GodoxがAD200用の延長ヘッド、EC-200を発表しました。 AD200は …

GODOXのAD200と600の中間、AD400を発表

GodoxがAD400Proを発表しました。 GODOX 400WS AD400 …

Eye-Fiが付録に付いた“カワイイ”をシェアする写真術 ” 買ってきたお

WiFi付きのSDカード、Eye-Fiが付録についたムック本が発売されました。 …

5000円で買える、あると便利なカメラアクセサリー

メディアケース、フィルターケース 1つあると便利ですが、意外と使っていない人が多 …

no image
6月にNik Collectionのアップデートが行われるらしい

DxOがChapter 11の手続きに入ったそうです。時々目にするChapter …

Wi-FiやBluetooth経由でデジカメをコントロール出来るやつ、日本でも欲しい!

CamBuddy Proというのが発売になります。 CamBuddy Pro ス …

100万円以上の機材と5万円程度の機材では差が少ない?

Profotoの機材と安い機材で同じように撮れるのか比較をした動画です。 Pro …

Godoxがスマホでフラッシュを使えるアクセサリーを開発中

Godoxがスマートフォンでもストロボを使えるようにするA1というものを開発中で …