camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

Godoxのクリップオンストロボの種類とその違い

      2016/07/29

Godoxのクリップオンストロボ

V850、V860シリーズ

V850、V860シリーズは専用のリチウムイオンバッテリーを採用していることが最大の特長。単3の12本分に相当するバッテリーで、同等のクリップオンストロボなら3セット分を交換せずに使用が可能。当初、専用バッテリーに問題が多発したものの、現在では落ち着いている模様。

V850

マニュアル発光、スレーブ発光のみのシンプルなモデル。

V860

TTL対応モデル。キヤノンのE-TTL、ニコンのi-TTLに対応したモデルV860-CとV860-Nがある。FT-16Sというラジオスレーブが使えるのですが、2.4GHzではなく433MHzというアマチュア無線向けの周波数なので、このラジオスレーブは使わない方がいいです。

V850II

V850が2.4GHzのラジオスレーブを内蔵しX1に対応したバージョン。マスター、スレーブのどちらにも使える。

V860II

TTL対応のV860が2.4GHzのラジオスレーブを内蔵しX1に対応したバージョン。マスター、スレーブのどちらにも使える。

GODOX_V860_II

Vシリーズのバッテリー、刻印の違いとメーカー

V850、V860専用リチウムイオンバッテリーは不良品が多いといわれます。出始めの頃は半分程度が不良品ではないかと言われるくらいに、不良品が出回っていました。現在ではそれも落ち着いているようです。初期の頃と現在のものとでは中身が違うとも、製造メーカーが違うともいわれていますが、刻印の有無である程度の見分けが可能です。
「・」刻印入り、「IES」刻印入り、「GREPOW」刻印入り、刻印なしが確認されていて、刻印なしは問題のものが多く、「IES」の刻印と「GREPOW」の刻印が入ったものは問題がないようです。また2015年中頃から出ているものは問題がないようです。
「・」の刻印入りは数が少なく、恐らく不良問題初期の選別品ではないかと思われます。「IES」と「GREPOW」の刻印は不良問題後の対応品と思われます。
とは言え、廉価なリチウムイオンバッテリーはある程度の不良が混ざるのは避けがたいので、購入の際は初期不良の交換が可能なお店を選ぶのがいいかもしれません。

TTシリーズ

TT560

照射角が固定。マニュアル発光のみでTTLには非対応。ラジオスレーブは非搭載。

TT660

照射角の変更が可能という点以外はTT560と同じ。マニュアル発光のみでTTLには非対応。ラジオスレーブは非搭載。

TT600

マニュアル発光のみでTTLには非対応。2.4GHzのラジオスレーブを内蔵しX1に対応。

TT680

TTL対応。キヤノンのE-TTL、ニコンのi-TTLに対応したモデルTT680-CとTT680-Nがある。

TT685

TTL対応、2.4GHzのラジオスレーブを内蔵しX1に対応。キヤノンのE-TTL、ニコンのi-TTLに対応したモデルTT685-CとTT685-Nがある。
単3電池を使用。

GODOX_TT685C

おすすめは?

オススメはV860IIとTT685です。1回の撮影でエネループを交換する場合はV860IIを、交換しない場合はTT685。 V860IIは専用バッテリーに不安が残るのでTT685の方が安パイといえます。
ちなみに、ラジオスレーブのX1については技適取得したものがケンコー・トキナーから販売されています。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - アクセサリー , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

キヤノンから純正マグニファイヤーが発売

キヤノンからマグニファイヤーMG-EbとMG-Efが発売。でもマグニファイヤーっ …

ソフトケースにもなるバウンスアダプターが発売

クリップオンストロボ用ソフトケースをバウンスアダプターにしてしまう、アイデア商品 …

Lightroom用物理コンソールが発売

Lightroom用物理コンソール、LoupedeckがIndiegogoで出資 …

no image
スマホ・GoPro用のステディカムVoltが登場

今年1月にKickstarterで募集されていたスマホ・GoPro用のステディカ …

マクロレンズを買わずにマクロを撮る方法

暖かくなり色々な花が咲くようになるとマクロレンズの季節です。今回はマクロレンズを …

5000円で買える、あると便利なカメラアクセサリー

メディアケース、フィルターケース 1つあると便利ですが、意外と使っていない人が多 …

no image
世界初の可変ハーフNDフィルター

Aurora Apertureというアクセサリーメーカーが世界初の可変ハーフND …

LaowaがフジGFXでフルサイズ用レンズが使えるアダプターを発表

Laowaがフルサイズ用レンズをフジのGFX50で使用するためのマウントアダプタ …

Godoxがスマホでフラッシュを使えるアクセサリーを開発中

Godoxがスマートフォンでもストロボを使えるようにするA1というものを開発中で …

GODOXがTTL対応ラジオスレーブを発表。技適取得で日本への導入も?

GodoxがE-TTL対応のラジオスレーブ、X1-Cを開発しました。 まだ価格な …