camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

グローバルシャッターを採用した謎のMマウントカメラが発売

   

PixiiというMマウント互換のカメラが発表されました。
開発していることは以前から明らかにしていましたが、本当に発売するとは。

https://pixii.fr/


センサーは1100万画素のAPS-Cですがなんとグローバルシャッターを採用しているとのこと。
本当にグローバルシャッターを採用しているのであれば、レンズ交換式では初めてかもしれません(α9はかなりローリングシャッター歪みが少ないですがグローバルシャッターではありません)。
画素数が少ないこともあってか最低感度が320と高めで上は2500と低め。
ローパスフィルターはないそうで、APS-Cの1100万画素と画素数低めなのでモアレが気になりそうです。
ファインダーは0.67倍とライカっぽい倍率です。
ブライトフレームは50mmと28/35mmの2種類あるようですが、ちゃんと自動で切り替えてくれるのかは不明。
レンジファインダーの基線長は49.2mm(有効基線長なのか基線長なのかは不明)。

グローバルシャッターだけでも凄いニュースですが、まだまだ特徴があります。
一つは背面モニターがないこと。もう一つは記録は内部ストレージのみで4Gか8Gの2種類しかないこと。
フィルム感覚で使えということなのでしょう。

アクセサリーシューがありますが接点はないようです。グローバルシャッターの場合、全速でシンクロ出来ると思うので、ホットシューだったらさらに面白いのですが。

お値段は3290ドルになるようです。
見た目はレンズ固定のヘキサーっぽくてそそられるものがあります。
ケンコーあたりが代理店になったらそこそこ売れるのでは?

ライカMLレンズ・ベストセレクション Kindle版

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - 未分類

  関連記事

中国から85mm F1.2という魅力的なスペックのレンズが誕生

ミタコンが 85mm f/1.2 というレンズを発表しました。 Mitakon …

7000ドル相当の機材をなくしたけど、戻ってきたらしい

imagin resourceの方がCP+に合わせて日本へ来た際、CP+に先立ち …

50mm f/0.95で10万円以下の中華レンズ発表

MitakonがSpeedmaster 50mm f0.95 IIIというレンズ …

アメリカンイーグルが下着を着用した画像にPhotoshopを使うことを止めてしまった

日本にも展開しているアメリカンイーグルというファストファッションブランドが下着を …

前群を交換する古くて新しいレンズシステム

ロモグラフィーが新しいレンズシステムで出資を募っています。 Neptune Co …

Dxo Markの測定結果ではD750の高感度はD810より上

Dxo MarkがD750の測定結果を公表しました。 Nikon D750 Se …

ティザーのヤシカはフィルム状のものを入れ替えて画像処理を変更するトイデジ

ティザーを行っていたヤシカの新しいカメラの詳細がKickstarterで明らかに …

赤外カラーフィルムAerochromeを再現したフィルター

KOLARI VISIONというところがコダックのAerochromeを再現した …

数式を撮影すると計算してくれるアプリが登場予定

スマホで数式を撮影すると、即座に回答を表示するアプリ、PhotoMathのプレビ …

コダックの映画用フィルムを使ったブローニーが発売

CineStill 50Dというブローニーがプレオーダーを受け付けています。1本 …