camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

グローバルシャッターを採用した謎のMマウントカメラが発売

   

PixiiというMマウント互換のカメラが発表されました。
開発していることは以前から明らかにしていましたが、本当に発売するとは。

https://pixii.fr/


センサーは1100万画素のAPS-Cですがなんとグローバルシャッターを採用しているとのこと。
本当にグローバルシャッターを採用しているのであれば、レンズ交換式では初めてかもしれません(α9はかなりローリングシャッター歪みが少ないですがグローバルシャッターではありません)。
画素数が少ないこともあってか最低感度が320と高めで上は2500と低め。
ローパスフィルターはないそうで、APS-Cの1100万画素と画素数低めなのでモアレが気になりそうです。
ファインダーは0.67倍とライカっぽい倍率です。
ブライトフレームは50mmと28/35mmの2種類あるようですが、ちゃんと自動で切り替えてくれるのかは不明。
レンジファインダーの基線長は49.2mm(有効基線長なのか基線長なのかは不明)。

グローバルシャッターだけでも凄いニュースですが、まだまだ特徴があります。
一つは背面モニターがないこと。もう一つは記録は内部ストレージのみで4Gか8Gの2種類しかないこと。
フィルム感覚で使えということなのでしょう。

アクセサリーシューがありますが接点はないようです。グローバルシャッターの場合、全速でシンクロ出来ると思うので、ホットシューだったらさらに面白いのですが。

お値段は3290ドルになるようです。
見た目はレンズ固定のヘキサーっぽくてそそられるものがあります。
ケンコーあたりが代理店になったらそこそこ売れるのでは?

ライカMLレンズ・ベストセレクション Kindle版

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - 未分類

  関連記事

no image
花火の撮り方、チェックリスト6項目

1,三脚を使う 花火の撮影は三脚が必須です。 三脚を使用する理由はシャッタースピ …

M42マウントのチェキが出資募集中

M42マウントのインスタントカメラがKickstarterで出資を募っています。 …

dpreviewがサムスンNX1のサンプル写真を公開

dpreviewがサムスンNX1のサンプル写真を公開しました。 Samsung …

50mm f/0.95で10万円以下の中華レンズ発表

MitakonがSpeedmaster 50mm f0.95 IIIというレンズ …

写真・カメラ好きへのプレゼントをご提案!

クリスマスが近づきプレゼントを贈る機会が増える季節になりました。そこで、写真好き …

スマホで手軽にアナモルフィックレンズが使えるように

Beastgripが新しいDOFアダプターとアナモルフィックレンズをKickst …

ロモグラフィーが新しい広角レンズを開発

ロモグラフィーが新しい一眼レフ用レンズ、ロモゴンへの出資を募っています。http …

no image
パソコンを使わずにデジカメのデータをiPhone、スマホに移す方法

デジカメで撮影したデータを管理するのはパソコンが一番楽ですが、最近はスマホの高性 …

前群を交換する古くて新しいレンズシステム

ロモグラフィーが新しいレンズシステムで出資を募っています。 Neptune Co …

数式を撮影すると計算してくれるアプリが登場予定

スマホで数式を撮影すると、即座に回答を表示するアプリ、PhotoMathのプレビ …