camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

ロモグラフィーが新しい広角レンズを開発

   

ロモグラフィーが新しい一眼レフ用レンズ、ロモゴンへの出資を募っています。
https://www.kickstarter.com/projects/lomography/the-lomogon-25-32-art-lens/
ロモゴンという名前と沢山の穴が開いた板を見た時は大判カメラ用のソフトフォーカスレンズで有名なイマゴンをイメージしたレンズかと思いましたが違いました。

穴の空いた板は絞りで、仕組みとしてはミノルタのTC-1と同じものです。絞り羽根ではなく、真円の穴を使うというもの。
恐らく絞り羽根より厚い板を使うことで回折の影響が大きそうですが、そういうのを気にするレンズではないから問題ないということでしょう。
32mmという焦点距離はLC-Aを意識したものと思われますが、一眼レフ用レンズなのでもちろんレンズ構成は異なります。

一眼レフ用の広角レンズですが、歪曲収差はかなり抑えてあるのが印象的です。
レンズ外観図を見ると後玉が少し飛び出しているので、もしかしたらボディによってはミラーが干渉しそうな気がします。
気になるお値段はアルミ鏡胴が499ドル、真鍮ゴールドは599ドルの予定とのこと。

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+posted with amazlet at 19.02.22Lomography (ロモグラフィー)
売り上げランキング: 427,589
Amazon.co.jpで詳細を見る


スポンサーリンク

ツイートツイート

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

50mm f/0.95で10万円以下の中華レンズ発表

MitakonがSpeedmaster 50mm f0.95 IIIというレンズ …

7000ドル相当の機材をなくしたけど、戻ってきたらしい

imagin resourceの方がCP+に合わせて日本へ来た際、CP+に先立ち …

コダックの映画用フィルムを使ったブローニーが発売

CineStill 50Dというブローニーがプレオーダーを受け付けています。1本 …

赤外カラーフィルムAerochromeを再現したフィルター

KOLARI VISIONというところがコダックのAerochromeを再現した …

前群を交換する古くて新しいレンズシステム

ロモグラフィーが新しいレンズシステムで出資を募っています。 Neptune Co …

中国から85mm F1.2という魅力的なスペックのレンズが誕生

ミタコンが 85mm f/1.2 というレンズを発表しました。 Mitakon …

no image
パソコンを使わずにデジカメのデータをiPhone、スマホに移す方法

デジカメで撮影したデータを管理するのはパソコンが一番楽ですが、最近はスマホの高性 …

広角で最大撮影倍率2倍だけど使いやすそうなレンズを発表

Venus OpticsがLaowa 24mm f14、最大撮影倍率2倍というマ …

数式を撮影すると計算してくれるアプリが登場予定

スマホで数式を撮影すると、即座に回答を表示するアプリ、PhotoMathのプレビ …

no image
花火の撮り方、チェックリスト6項目

1,三脚を使う 花火の撮影は三脚が必須です。 三脚を使用する理由はシャッタースピ …