camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

ティザーのヤシカはフィルム状のものを入れ替えて画像処理を変更するトイデジ

   

ティザーを行っていたヤシカの新しいカメラの詳細がKickstarterで明らかになりました。

Expect the Unexpected. digiFilm™ Camera by YASHICA

ヤシカエレクトロ35風のデジカメ、ヤシカY35にdigiFilmという画像処理用のエンジン?を入れ替えて使うというもの。
digiFilmがフィルムに相当するので、それを入れ替えないと感度や白黒やアスペクト比を変更できないようです。
要するにデジカメをフィルムカメラのように不便にしたということでしょう。

カメラのスペックが1/3.2インチの1400万画素で、換算35mm f/2.8というレンズの組み合わせ。なぜかシャッタースピードは1s, 1/30s, 1/60s, 1/250s, 1/500sのみ。単3電池2本で駆動するとのこと。

Deluxe Packageというのが328ドル、スペックを考えてもトイカメラ的なものです。1/3.2インチの1400万画素という撮像素子は下手したら最近のスマホを下回るスペックですが、使い方によっては面白いのかもしれません。

ファインダーは光学式ですが、恐らくレンジファインダーではなくて素通しでしょう。撮像素子に対してレンズが大きいような気がします。レデューサーが入っていれば面白いと思いますが、値段を考えてもないでしょう。

正直にいって、これでいいならペンタックスQでいいのでは?という気がしてなりません。ペンタックスQの中古は値上がり傾向ですが、もうちょっとパッケージングが違うものであれば大ヒットしていたのかもしれません。

動画から撮像素子の大きなものを期待されていましたが、やっぱりこんなところか、という感じはあります。ただ、フィルム状のものを使うことでデジカメの便利さを制限するという発想はアナクロニズムでレトロニム的で面白くはあります。

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

数式を撮影すると計算してくれるアプリが登場予定

スマホで数式を撮影すると、即座に回答を表示するアプリ、PhotoMathのプレビ …

広角で最大撮影倍率2倍だけど使いやすそうなレンズを発表

Venus OpticsがLaowa 24mm f14、最大撮影倍率2倍というマ …

赤外カラーフィルムAerochromeを再現したフィルター

KOLARI VISIONというところがコダックのAerochromeを再現した …

ロモグラフィーが新しい広角レンズを開発

ロモグラフィーが新しい一眼レフ用レンズ、ロモゴンへの出資を募っています。http …

50mm f/0.95で10万円以下の中華レンズ発表

MitakonがSpeedmaster 50mm f0.95 IIIというレンズ …

コダックの映画用フィルムを使ったブローニーが発売

CineStill 50Dというブローニーがプレオーダーを受け付けています。1本 …

7000ドル相当の機材をなくしたけど、戻ってきたらしい

imagin resourceの方がCP+に合わせて日本へ来た際、CP+に先立ち …

中国から85mm F1.2という魅力的なスペックのレンズが誕生

ミタコンが 85mm f/1.2 というレンズを発表しました。 Mitakon …

Dxo Markの測定結果ではD750の高感度はD810より上

Dxo MarkがD750の測定結果を公表しました。 Nikon D750 Se …

no image
花火の撮り方、チェックリスト6項目

1,三脚を使う 花火の撮影は三脚が必須です。 三脚を使用する理由はシャッタースピ …