camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

逃げる前に撮る!野良猫撮影5つのテクニック

      2014/01/14

街で見かけた猫を撮ろう!と思ったらスタスタと行ってしまうということはよくあります。
または近づいたら逃げられた、とか。
ということで野良猫など外で猫を撮る時のテクニックを5つ紹介したいと思います。

野良猫

・目を合わせるな!
・遠ざかりながら近づく
・近寄れなければ望遠レンズ
・撮りに行くなら早朝に
・アップにこだわらない

目を合わせるな!

警戒の強い猫は目を合わせるだけで逃げてしまいます。
猫を見つけたら見ていないようなふりをして少しづつ撮りやすい場所に移動して撮りましょう。

 

遠ざかりながら近づく

外で見つけた猫にドンドン近づくと猫を警戒させてしまいます。
警戒した猫はすぐに逃げてしまうので、できるだけ猫が警戒しないように近づく必要があります。
3歩進んで2歩下がるじゃありませんが、まっすぐに近づくよりも時間をかけて近寄ったり離れたりを繰り返しながら少しづつ近寄りましょう。

 

近寄れなければ望遠レンズ

外にいる猫の多くは警戒心が強く、なかなか近づけられないのが現実です。
近寄るためには猫が警戒しないように目をあわせないように、ゆっくりと近づくのですが駄目な猫も多い。
そんな時は望遠レンズを使いましょう。
望遠レンズを使うことで遠くの猫も大きく写すことができます。
猫に近づけなくてもいいというわけです。
ただし、望遠レンズはブレやすいのでカメラをしっかり構えて、場合によっては感度を上げて撮ります。

 

撮りに行くなら早朝に

猫は夜行性と言われることがありますが、実際には人間と同じように明るい時間帯に行動します。
ただ、私たちよりも朝が早く昼寝が好きなので、明け方から猫は動き出します。
もし猫を撮りに行くなら昼過ぎではなく早朝に撮りに行きましょう。
猫が歩きまわる時間帯の方が猫と遭遇する確率が高くなります。

 

アップにこだわらない

可愛いのでどうしても猫を画面いっぱいのアップで撮りたくなりますが、そのためには猫に近づく必要があります。
しかし近づくと猫は逃げてしまう。
そんな時はアップにこだわらずに、猫の周りがわかるような写真を心がけて撮りましょう。
嫌がる猫に無理して近づくよりもいい表情が撮れるかもしれません。

野良猫を遠くから

 

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - 撮影テクニック ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ストロボをカメラから離して使うメリット

ストロボはピカっと一瞬だけ強く光ることで被写体を明るく照らし、夜のような暗い状況 …

no image
雪を綺麗に撮るテクニックは2つだけ

記録的なドカ雪で大変なことになっています。 雪国育ちなのでドカ雪は何度も経験があ …

桜の撮影は枝に注意してみると上手くいく

桜の写真って案外難しいものです。 実際にその場で見た時はもっと花が沢山あったよう …

no image
基本から学ぶ手振れ防止テクニック 基礎編

せっかくの写真を台無しにしてしまう失敗といえば、手ぶれです。 最近のカメラは手ぶ …

自撮りは左右反転している方がカワイイ?

スマホのインカメラを使って撮られた自撮りがtwitterなどによくアップされてい …

自分で撮りたい一本桜まとめ

ウェザーニューズが桜の開花予想を発表しました。 全国の桜開花予想発表 こちらは日 …

MITが映り込みを取り除くアルゴリズムを開発。映り込みを防ぐ方法とは

MITの研究員が映り込みを取り除く新しいアルゴリズムを開発したそうです。 Rem …

クリップオンストロボをカメラから離して使う方法

ストロボをカメラから離して使うメリットを書きましたが、具体的ストロボをカメラから …

no image
基本から学ぶ手振れ防止テクニック 続編

写真の基本は手ぶれを無くすこと!というわけで手ぶれを防止するためのテクニックを紹 …

全国の千本桜まとめ

吉野山(奈良県吉野郡) 吉野山全体で桜だけで3万本と言われ、視界に入るだけでも千 …