camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

35mmでグルグルが楽しめるレンズが登場

   

LensbabyがBurnside 35というレンズを発表しました。
BURNSIDE 35

35mmのf2.8で、ペッツバール風のグルグルが味わえるレンズとのこと。レンズ構成は4群6枚なので、ペッツバールそのまんまというわけではないようです。
特徴は通常の絞りの他に絞りがある点。レンズ鏡胴についた金色のレバーを動かし周辺減光とボケを調節できること。ソフトフォーカスレンズの中には絞りとは別にソフトフォーカス量を調整できるものがありますがボケ方を変えるタイプは珍しいような気がします。
作例を見ると、周辺減光が大きくなると特有のグルグルボケが弱くなるようですが、撮り方によってボケが強調されると思うので、実際のところはどうなのでしょうか。
最短撮影距離は15センチでフィルター径は62mm。お値段は499.95ドル。
グルグルボケで有名なレンズは焦点距離が長いものが多いので、35mmでグルグルにしたい場合には貴重な選択肢かもしれません。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - レンズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ほぼ無料で利用できる!メーカーのカメラ機材貸出サービスまとめ

カメラメーカーが自社の製品を購入前に試用できるようにサービスセンターなどで貸出を …

高倍率ズームレンズが2つ発売

タムロンとニコンがそれぞれ高倍率ズームを発売します。 どちらも特徴的な高倍率ズー …

ソニーのGマスターレンズが凄い理由

ソニーが海外でGマスターレンズを3本発表しました。MTFやサンプル画像を見ると、 …

ポートレートズームの系譜、中望遠2倍ズームレンズ

またシグマが意欲的なズームレンズを発表しました。F1.8通しのズームレンズ、50 …

ロモグラフィーが1群2枚のレンズの出資を募集中

ロモグラフィーが新しいレンズについてキックスターターで出資を募っています。 噂さ …

yongnuoの50mm F1.4が凄そう

yongnuoが50mm f/1.4というレンズを発表しました。 YONGNUO …

Samyangの新しいレンズは135mm F2

Samyangが新しいレンズをリリースしました。 スペックはスチル用が135mm …

7職人50mmf/1.1
約4万円!Mマウントで50mm f/1.1の格安中国レンズ

7Artisansという中国のメーカーが格安のレンズを販売しています。 50mm …

たった40ドルのYongnuo 50mm f/1.8はキヤノンより上?

PetaPixelがYongnuo 50mm f/1.8とキヤノンの50mm f …

ロモ、LC-AのレンズがMマウントの交換レンズとして発売

ロモグラフィーが新しいMマウント用のレンズを発売します。 レンズはLC-A(いわ …