camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

Yongnuoがニコン用に40mmと100mmのレンズを販売予定

   

Yongnuoはニコンやキヤノンのレンズを丸パクリみたいなレンズを販売していますが、これまではニコンの丸パクリはニコン用、キヤノンの丸パクリはキヤノン用と限定されていましたが、この度、キヤノンのレンズを丸パクリしたようなレンズをニコン用として販売するようです。

レンズは40mmのパンケーキと100mm f/2の中望遠レンズで、ニコン純正にはないちょっと魅力的な2つのレンズです。
キヤノンには40mmやAPS-C用の24mmのパンケーキレンズがありますが、ニコンはなぜかパンケーキレンズがありません。数少ない一眼レフのマウントではペンタックスはパンケーキレンズが豊富で、ニコンにも欲しいところですが、なぜかありません。

そこを狙ったのかキヤノンの40mm f/2.8の仕様にそっくりなレンズをYongnuoが販売するようです。もう一つ、100mmも出しますが、こちらは外観からそっくりなレンズです。外観だけでなく仕様もそっくりです。

100mmくらいのレンズは入門用みたいなのがなくて、ニコンは105mmのマクロとDCレンズ、f/1.4の3つがありますが、どれも安くはなく手軽に試せません(Ai-Sの105mm f/2.5の中古は安くてよく写るので画角を試すにはオススメです)。その点でYongnuoの100mmは安そうなので試してみたい気になります。

ちなみにYongnuoが既に販売しているキヤノン用の100mmは170ドルということなので2万円程度で手に入るかもしれません。

レンズの写真を見る限りでは絞りは電磁絞りのみに対応するようなので、Eタイプに対応したボディが必要になります。

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - レンズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
Samyangnの135mmとソニーツァイスの比較

Samyangnの135mmとソニーのツァイス135mmを比較した記事が韓国のサ …

ロモグラフィーが1群2枚のレンズの出資を募集中

ロモグラフィーが新しいレンズについてキックスターターで出資を募っています。 噂さ …

ソニーのGマスターレンズが凄い理由

ソニーが海外でGマスターレンズを3本発表しました。MTFやサンプル画像を見ると、 …

Yongnuoの新作?レンズ、35mm f2の詳細

Yongnuoが発売予定のレンズ35mm f2の詳細がわかりました。 見た目はキ …

ロモグラフィーが58mmの新しいペッツパールをクラウドファウンディング中

ロモグラフィーが新しいレンズ、Petzval 58をkickstarterで ク …

中国から85mm F1.2という魅力的なスペックのレンズが誕生

ミタコンが 85mm f/1.2 というレンズを発表しました。 Mitakon …

Lensbabyが寄れて明るいソフトフォーカスレンズを発表

LensbabyがVelvet 56というレンズを発表しました。 Velvet …

【中国製】撮影倍率2倍のマクロレンズのレビューを発見

以前に紹介した、中間リングを利用せず単体で撮影倍率2倍まで拡大可能な中国製のマク …

中判にも対応した15mmのシフトレンズを発表

Venus OpticsがLaowa 15mm F4.5 Zero-D Shif …

Siruiが格安アナモルフィックレンズを発売

三脚などでおなじみになりつつあるSiruiがアナモルフィックレンズ(綴りはana …