camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

古今東西50mm F0.95な交換レンズ

   

50mm F0.95

Noctilux

明るい標準レンズといえばライカのノクチルクスです。
ノクチルクスはF1.2→F1.0と進化して第四世代と呼ばれるタイプでついにF0.95となりました。
(F0.95を第四世代とする場合、第二世代と第三世代がF1.0なのですが、これをあわせて第二世代と呼びF0.95を第三世代と呼ぶケースもあります)

RANGEFINDER(ヨドバシカメラ)

CANON 50mm F0.95

もともとはキヤノン7というLマウントのレンジファインダー機専用のレンズです。なぜ専用かというと、レンズが重いのでスクリューマウントだけでなくマウントの外側に外爪を使って固定していたため。
しかし、現在使われているものや中古屋で売られているものは大抵Mマウントに改造されたものなので、ライカやミラーレスなどでも使うことが可能です。
専用のマウントアダプターも販売されています。
発売は1961年。ライカのノクチルクスがF0.95になったのは2008年のことですので、当時は革新的なレンズだったと思われます。
シンプルに5群7枚のガウスタイプのまま大口径化してあります。
キヤノンカメラミュージアム

Mitakon Zhongyi 50mm f/0.95

フルサイズに対応した50mm F0.95。同じ現行品であるライカのノクチルクスと比べるとお値段1/10以下と非常にお買い得?
描写は意外にも素直に見えますが、少々抜けが悪くオールドレンズのような写りです。
http://www.zyopticslens.com/mitakon50mm095.html

Speedmaster 50mm F0.95 アンダー10万円のフルサイズ対応大口径レンズ

Kasyapa

SLR Magic NOKTOR 50mm f/0.95 Hyperprime

http://www.ephotozine.com/article/slr-magic-50mm-f-0-95-hyperprime-lens-review-23001
生産終了
NOKTORと銘が入ったもの、入っていないものの2種類あり。
もともとは産業用(CCTV用)レンズ。イメージサークルはAPS-Cまで?Eマウントとマイクロフォーサーズマウント。
産業用レンズをベースとしているためか、イメージサークルはフルサイズをカバーしていないようです。フルサイズに対応した他のレンズと比べるとライカ判で50mmの画角で撮れないので比較対象としてはよくないかもしれません。

換算50mmでF0.95

イメージサークルはフルサイズに対応していないものの、換算50mmでF0.95のレンズを紹介します。

NOKTON 25mm F0.95

マイクロフォーサーズ用のレンズで換算50mmのF0.95です。ボケの大きさはフルサイズ用の50mmならF1.8と同程度なのでたいしたことがないとも言えますし、マイクロフォーサーズでそれを実現するにはF0.95まで明るくする必要があると考えれば意味のあるレンズです。

Mitakon Zhongyi 35mm f/0.95

ミラーレスのソニーEマウントやフジXマウント用のレンズが販売されています。APS-Cで使うと換算52.5mmでほぼ50mmです。
52.5mmと聞くとちょっと長いような感じがありますが、フルサイズ用の50mmのレンズは実焦点距離が51.6mmである事が多いので、52.5mmとほとんど違いがありません。
こちらはフルサイズなら50mm F1.4と同じくらい大きくボケるレンズです。50mmの画角で大きくボケさせるなら、やはりフルサイズが有利です。

番外編

HandeVision IBELUX 40mm F0.85

現在市販されている交換レンズで(恐らく)もっとも明るい超ハイスピードレンズ。
APS-C用で、マウントはソニーEマウント、フジXマウント、キヤノンMマウント、マイクロフォーサーズ用が販売されています。
フィルター径は67mmとそれほど大きくありませんが、重量は1150gとさすがに重いガラスの塊。
お値段もかなりのものですが、開放からそれなりに写っているのは凄いです。前玉に凹レンズを使用してテレセントリック性を強く意識したレンズ設計の成果なのでしょう。
HandeVision IBELUX 40mm F0.85
Kasyapa
交換レンズレビュー IBELUX 40mm F0.85

NOKTON 50mm F1.1

明るい標準レンズとして手に入れやすく値段もそれほど高くなく、かつ定評のある写りとなるとコシナのフォクトレンダーブランド、NOKTON 50mm F1.1が第一候補かもしれません。
コシナのフォクトレンダーシリーズは古い感じの写りですが、意外なほど優等生な新しいノクチルックスと比べると写りに個性があり、その個性も人気があります。
古い感じの写りといってもキヤノンの50mm F0.95と比べるとコントラストはずっと現代的で通常の標準レンズと比べて違和感はなく使えるはずです。
RANGEFINDER(ヨドバシカメラ)

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - レンズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ポートレートズームの系譜、中望遠2倍ズームレンズ

またシグマが意欲的なズームレンズを発表しました。F1.8通しのズームレンズ、50 …

LENSBABYが新しい中望遠ソフトフォーカスレンズを発表

LENSBABYがVelvet 85 F1.8を発表しました。 velvet 8 …

ロモ、LC-AのレンズがMマウントの交換レンズとして発売

ロモグラフィーが新しいMマウント用のレンズを発売します。 レンズはLC-A(いわ …

no image
どうしてレンズにカビが生える?正しい保管方法とは

レンズにカビが生えない保管方法は? どうしてレンズにカビが生える?正しい保管方法 …

期待できそうな超広角レンズIRIX 15mmのサンプルがFlickrにアップ

IRIXというメーカーが新しいレンズを準備中です。 15mm f/2.4というス …

Yongnuoがニコン用に40mmと100mmのレンズを販売予定

Yongnuoはニコンやキヤノンのレンズを丸パクリみたいなレンズを販売しています …

意外と人気がある?45mmのレンズまとめ

タムロンが新しいSPシリーズとなる35mmと45mmの単焦点レンズを発表しました …

たった40ドルのYongnuo 50mm f/1.8はキヤノンより上?

PetaPixelがYongnuo 50mm f/1.8とキヤノンの50mm f …

ドローン向けに軽量化されたマイクロフォーサーズ用超広角レンズ

Venus Opticsが去年のフォトキナで展示していたマイクロフォーサーズ用の …

フルサイズのペッタックスで使えるレンズまとめ

フルサイズでも使えそうなペンタックスのレンズ ペンタックスがフルサイズを発表しま …