camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

レタッチで1万円のレンズが40万円並に!?ドイツ生まれのPICCURE+

   

ドイツの会社が作ったPICCURE+という画像処理ソフトを使うと、安いレンズでもツァイスのOtus(約40万円)並になるそうです。
piccurebox

ほんとかいな!って思ってしまいますが、ソフトウェアメーカーが公表しているMTFの変化があります。
85mft
破線がそのままで、実線がPICCURE+で処理をした後です。
確かにMTFがしっかり向上しています。

実際の写真での比較がこれです。
piccure_canon
撮影にはキヤノンの50mm f1.8という1万円程度のレンズが使われています。
左側が未処理、右側が処理をしたものになります。明らかにクッキリとしています。
MTFの向上からも予想できますが、コントラストとシャープネスを改善するソフトのようです。

Otus並になるかどうかはともかく、14日間の試用が可能なので試してみるのも面白そうです。
また購入もできます。日本円で購入可能で1万5千円となっています。
PICCURE+

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - レタッチ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

AIを利用したPixelmator Proが安くてよさそう

PixelmatorというmacOS用のレタッチソフトがProバージョンをリリー …

ニコンのピクチャーコントロールを利用してフィルムっぽく撮る方法

Nikon Pigture Control Editorでは様々な銘柄のフィルム …

ピューリッツァー賞受賞ジャーナリストがレタッチでビデオカメラを消していた

ピューリッツァー賞を受賞したフォトジャーナリストがAPに提供した写真のうち1枚だ …

no image
lightroom以外のRAW現像ソフトの特徴

RAW現像ソフトといえばAdobeのlightroomですが、それ以外の現像ソフ …

Lightroom用のプリセット、2種類入ったVSCO Film 00が無料!

Lightroom用のフィルムエミュレーションプリセットVSCO Film 00 …

no image
Nikコレクションが無料に!

GoogleがNikコレクションを無料で提供しています。 Today we’re …