camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

EyefiがRAW対応Mobi Proを発表

   

Eyefiの新製品、Mobi Proが海外で発表されました。
従来からあるEyefi Mobiとの違いはRAWファイルの転送に対応したこと、容量が32GBに増えたこと、この2点です。
これまでRAWにも対応したEyefi PRO X2などの製品がありましたが、こちらは既に販売を終了しています。今回のMobi ProによりRAW対応もMobiに統一した格好になります。

WiFiが使えるデジタルカメラが多くなっている現状で、Eyefiを選ぶ理由はだんだん少なくなってきていますが、Eyefi独特の機能はあるのでEyefiに慣れている方には待望のRAW対応ですね。

また、おまけ?のEyefi Cloudサービスが1年間無料で使えます(普通のMobiは90日間)。
お値段は99.99ドル
Eyefi Cloudサービスは年間使用料が49.99ドルなので、クラウドサービスをしっかり使う方にとっては、案外安いような気がします。
SDカードとしては、UHS-Iなどの表記がなくclass10のみなので、書き込み速度・読み込み速度はそれほど速くないのかもしれません。

東芝、直接ネットにアップロードできる「FlashAir III」海外発表
東芝のFlashAirの新製品もEyefiっぽくなってきたので、Eyefiも頑張ってほしいですね。
(国内では未発表ですが、秋葉原などでは32GBが5000円前後で販売されています)

Mobi Proは国内でも近いうちに発表されるんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - ニュース

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ニコン1でホットシューアダプターをDIYする強者が現れる

ニコン1には一般的なストロボ用のシューがありません。そのかわりにVシリーズにはマ …

フジフイルムがイギリスでE-6現像を終了

フジフイルムがイギリスでのE-6現像の終了を告知しました。 E-6現像はポジフィ …

Android版Light room登場*ただしハードに制限あり

Android向けAdobe Lightroom mobileがリリースしました …

no image
石内都さんがハッセルブラッド賞を受賞

写真家の石内都さんがハッセルブラッド賞を受賞しました。 Miyako Ishiu …

CP+の現地速報ツイートまとめ

2月12日開幕! CP+ 2015の出展概要と見どころまとめ CP+ 2015会 …

ドローンで撮影した映像を公開する場合の注意点とは?

小型無人機、ドローンを使って撮影した映像をインターネット上に公開した際に問題とな …

ロモが新しいフィルムカメラ、LC-A 120を発表

フィルムカメラの新製品を次々と発表しているロモグラフィーですが、今度はブローニー …

新素材、結晶化ガラスを使ったフィルターをシグマが発表

シグマが結晶化ガラスを使用した保護フィルターを発表しました。 SIGMA WR …

東工大らがまぶしくないLED照明機材を開発

東工大、小糸製作所などがまぶしくないLED照明を開発しました。 新たなLED照明 …

世界一大きい365ギガピクセルの写真

モンブランで撮影された7000枚の写真を合成し、世界一大きい365ギガピクセルの …