camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

フォトキナで気になった中国製品を2つ

   

今年のフォトキナは凄い発表ばかりが続いています。

このブログ的に気になるものを2つ紹介したいと思います。
一つはVenus Opticsが大量に発表したレンズ。
Venus Optics shows eight new Laowa models, including the widest Fujifilm GFX lens

Venus Opticsは等倍を超える高倍率のマクロレンズやZERO-Dと銘打つ歪曲収差の少ない超広角レンズを得意としています。
今回の発表でもその傾向が強く、フジのGFX用17mm(換算13mm)やフルサイズEマウント用10-16mmというちょっと信じられないスペックのレンズを発表しています。そのほかにも撮影倍率2倍の100mmマクロ、おそらくPLマウントのシネ用20-100mmでT/2.9という標準ズーム。シネ用ズームはフルサイズをカバーしているのかsuper35用なのかわかりませんが、super35用でもスチル用もあったらと気になります。

次はGodoxの丸いヘッドのクリップオンストロボ。GodoxはAD200の交換ヘッドに丸いヘッドを出していますが、クリップオンストロボとしては初めてです。


言うまでもなくProfotoのA1のパクリですが、Profotoと比べたら数分の1で売られるであろうことを考えると気になります。
ヘッドのサイズはAD200用の丸ヘッドと同じでアクセサリー類は使い回しができるそうです。
見た目が丸いだけで専用アクセサリーをつけやすいだけなのか、配光が綺麗に丸になるのか。綺麗に丸く光るなら一つ欲しいです。
ちなみに、AD200でProfoto用アクセサリーを使うアダプターも展示されているようです。ProfotoユーザーがGodoxを使うのか疑問はありますが、Profoto並の品質があれば天下を取る日が来ても不思議ではありません。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - ニュース

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

DNPが正しい色味再現にこだわったタブレットを発売

大日本印刷株式会社(DNP)が、正しい色味の再現性にこだわったAndroid 4 …

新素材、結晶化ガラスを使ったフィルターをシグマが発表

シグマが結晶化ガラスを使用した保護フィルターを発表しました。 SIGMA WR …

no image
京セラCONTAXアフターサービスが終了!次にCONTAXを名乗るのは?

先ほど京セラ株式会社より2015年4月末日をもってCONTAX製品のカメラ及びレ …

伝説の写真集、ブレッソンの「決定的瞬間」が再び販売

今年の2月に販売されたアンリ・カルティエ=ブレッソンの「決定的瞬間」、The D …

ドローンで撮影した映像を公開する場合の注意点とは?

小型無人機、ドローンを使って撮影した映像をインターネット上に公開した際に問題とな …

RX10、QX10、QX100が5月21日から値上げ

ソニーが5月21日から製品の一部の出荷価格を値上げすることを告知しました。 今回 …

IMAが写真集に特化したクラウドファウンディングを開始

IMAが写真集に特化したクラウドファウンディング、IMA FANd!を開始しまし …

MITが映り込みを取り除くアルゴリズムを開発。映り込みを防ぐ方法とは

MITの研究員が映り込みを取り除く新しいアルゴリズムを開発したそうです。 Rem …

岩谷産業が蛍石の原料となるフッ化カルシウムの合成に成功。人口蛍石の低価格化に貢献する?

岩谷産業株式会社が蛍石の原料となるフッ化カルシウムの合成について発表しました。 …

中国から世界初!無限遠から撮影倍率2倍まで可能なマクロレンズ

中国のVenus Opticsというメーカーが60mm f2.8のマクロレンズを …