camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

VR180対応カメラの登場でVRコンテンツ作成が盛り上がるかも

   

最近のスマホはデュアルカメラが当たり前になっています。スマホのデュアルカメラは片側をモノクロにしてシャープネスや距離情報から被写体をぼかす役割があります。
一方でVR用コンテンツ作成を目的としたデュアルカメラも発売されます。
レノボのMirage Cameraというものです。180度の魚眼レンズをつけたカメラを2つ備えています。

レノボがVRヘッドセット「Mirage Solo with Daydream」を発売、”普及型”が創るVRの新しい価値とは

リコーのTHETAのような全天球ではなく片側180度というのがミソというか、ポイント。これはGoogleが提唱するVR180に対応させるため。360度になると画質が落ちますが、180度ならそれなりの画質で360度のVRよりも手軽に撮影が出来るため、手軽にVRが楽しめるだろう、ということのようです。
360度のVRは沢山の人が興味を持つものの、コンテンツとしてはなかなか伸びていないことから、VR180にはかなり期待されているようです。
技術的に全天球の映像が綺麗になっても撮影の難しさはかわりませんから私たちが気軽に撮影するにはVR180というものは丁度いいのかもしれません。
TwitterやInstagramのように気軽にシェアするということにはまだまだ遠いと思いますが、YouTuberの制作するコンテンツからVR180が広がるかもしれません。

Mirage Cameraの他にVR180対応カメラとしてYiからHorizon VR180 Cameraというカメラの販売が予定されています。

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - ニュース

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新しいInsta360 ONE Xは空を飛ぶ

Insta360が新しい全天空カメラ、Insta360 ONE Xを発表しました …

1億5千万画素の超巨大CMOSセンサー

Gpixelという会社が超巨大なCMOSセンサーを発表しました。 150 Meg …

ロモグラフィーが超低感度フィルムを発売

Lomographyが新しいフィルム、KONO Donauを発表しました。 この …

ドローンで撮影した映像を公開する場合の注意点とは?

小型無人機、ドローンを使って撮影した映像をインターネット上に公開した際に問題とな …

ブラウザで簡単に使えるフィルムエミュレータが登場

ブラウザで動くフィルムエミュレータです。 Film Emulator このエミュ …

Eye-Fiが新しいデスクトップアプリを開発中

古いEye-FiがただのSDカードになるところでしたが、新しいデスクトップアプリ …

ふるさと納税の返礼品にコシナ製レンズ

長野県中野市がふるさと納税の返礼品にコシナのレンズを採用しました。 ふるさと納税 …

マイクロソフトのOneDriveが15GB追加、無料で30GBまで使えるキャンペーン中

マイクロソフトのOneDriveが15GB追加されるキャンペーンを実施中です。 …

no image
石内都さんがハッセルブラッド賞を受賞

写真家の石内都さんがハッセルブラッド賞を受賞しました。 Miyako Ishiu …

RX10、QX10、QX100が5月21日から値上げ

ソニーが5月21日から製品の一部の出荷価格を値上げすることを告知しました。 今回 …