camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

大きく変更されたEOS M3はkissシリーズに近づいた

   

先日発売になったEOS M3の出だしは好調で、在庫切れのお店もあるようです。
これまでのEOS Mシリーズはキヤノンとしては全くといって売れなかったカメラですが、どこが変わり、どこが魅力なのでしょうか?少しまとめてみました。

m3

M2からの主な変更点

EOS M3はM2から非常に多くの点が変更されました。
主な変更点は

  • 画素数が1800万画素から2420万画素に変更
  • ハイブリッドCMOS AF IIからハイブリッドCMOS AF IIIに変更
  • 測距点が31点から最大49点に増加
  • 外付けEVFに対応
  • チルト式モニターに変更(180度可動の自分撮りも可能なタイプ)
  • グリップが付いた
  • 内蔵フラッシュが付いた
  • NFCに対応した
  • 少し大きくて重くなった(274gから366gに)
  • モードダイヤル、露出補正ダイヤルが付いた
  • M-Fnボタンの新設

このように、これまでからの路線変更と言っていいくらい、非常に沢山の要素に変更が加えられました。
特にEOS MのAFは遅いと言われていましたがM3になり、像面位相差AFも加わりかなり改善されました。
また、モードダイヤルやファンクションボタンの新設など操作面も改善され、より本格的な撮影に対応しました。
その一方で、M2と比較するとサイズが大きくなり、重量は約90gも重くなっています。
これらのことからEOS M3はM2後継機というよりも上位機種のポジションにあり、一眼レフのEOS kissに近づいたミラーレスであると云えます。

EOS M3と他のミラーレスとの違い

ミラーレスはマイクロフォーサーズやソニーのEのマウントが先行し、キヤノンのシェアはニコンやペンタックスにも及ばない、最下位となっていますが、EOS M3の登場で特徴的なミラーレスになりました。
特長をいくつか紹介したいと思います。

沈胴標準ズームがないためかさばる

最近のミラーレスや一眼レフでは標準ズーム(キットレンズ)を小型化するために沈胴式を採用することが多くなっていますが、EOS M用にはそういったレンズが今のところ用意されていません。
そのため、収納時は他社のミラーレスよりも嵩張ります。
現状ではEOS M用レンズは4つしかありませんので、沈胴ズームの開発よりも他のレンズ開発にリソースを割いていると思われます。

換算35mmの明るい単焦点がある

標準ズームが大ぶりなためか、コンパクトな単焦点を用意しています。
EF-M22mm F2というレンズで、換算35mmという使いやすい画角でF2と明るく、しかもコンパクトに作られています。
ミラーレス用の単焦点レンズの中でも非常に魅力的なレンズになっています。
単焦点レンズの面白さや写りはズームレンズに代えられませんので、使いやすくコンパクトな単焦点レンズは魅力的です。

一眼レフとの併用が容易

操作系が改善されたEOS M3の登場により、一眼レフとミラーレスを併用しやすくなりました。
同じセンサーサイズでミラーレスと一眼レフのラインナップがあるのはキヤノンとソニーですが、ソニーの方は厳密には一眼レフではありませんし、Eマウントに力を入れているためαマウントのボディもだいぶ偏ったものになっています。
ニコンやペンタックスは一眼レフとミラーレスでセンサーサイズがかなり違います。
一眼レフとミラーレスをマウントの違いはありますが、シームレスに近い形で扱えるのはキヤノンだけの魅力です。

まとめ

キヤノンのミラーレス、EOS Mシステムは国内ミラーレスのシェアで最下位という状況にありますが、新しいM3の登場で特長がハッキリとしたミラーレスシステムになりそうです。
以前は売れ筋のkissシリーズと被るようなミラーレスは出さないと言われていましたが、M3はkissシリーズに被るカメラに仕上げてきたことからも、キヤノンの本気具合がわかります。
一眼レフであるkissの購入を考えている人には、EOS M3の検討もアリです。

EOS M3のレビュー

キヤノンのミラーレス一眼がようやく完成形に!? 仕上がった「EOS M3」はかなり買い得
ここが変わった! 「EOS M3」と「EOS M2」実機比較 – チルト液晶&EVF対応で撮影自由度が大きくアップ

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - カメラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

撮影後にピントの位置を変えちゃうLytroが本格的なカメラを開発

写真は撮影時にピントの位置を決めるものですが、最近では撮影したデータを元にピント …

ほぼ全天球写真を簡単に撮影し、ストリートビューに最適なカメラが発表

NCTechというメーカー?がiris360という360度撮影できるカメラを発表 …

no image
フィルムの時代はいつ終わったのか
自転車・釣具業界からアクションカムに殴りこみ

自転車や釣具で有名なシマノがアクションカムを発表しました。 SPORT CAME …

no image
リコーの全天球カメラでストリートビュー作成可能に

リコーの全天球カメラ「THETA」で撮影した写真をGoogleマップのストリート …

DJIが手持ちでヌルヌル動画を撮影できるカメラを発売

DJIが手持ち撮影用のジンバル付きカメラ、Osmoを発表しました。 DJIは撮影 …

no image
GPS付きデジカメを中国で使うのは危険?

以前はロシアのウラジオストクで写真を撮っていると拘束された、なんて話も聞きました …

早速銀座でα7 IIを触ってきた人の感想まとめ

展示について 栄のソニーストア、α7の開発担当者が3日間だけ常駐して、質問随時受 …

D750はD610、D810よりも高感度のノイズが大幅に少なくなっている

D700後継機を期待していた人をがっかりさせたD750ですが、ノイズはD610や …

Xiaoyiがミラーレスとレンズ2種を発売

ついにXiaoyiがレンズ交換式デジカメを発表しました。 M1という名前のミラー …