camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

なんとか買えるかもしれない中版デジタルがキタ━(゚∀゚)━!

   

リコーイメージング(ペンタックス)が645Dの後継機となる645Zを正式に発表しました。
少し前からティザー広告を展開していましたが、予想通り、従来のCCDから5000万画素のCMOSを採用しています。
645Z
PENTAX 645Z

直販では863,460円、キタムラやマップカメラなどでは80万円を切る値段設定に。ヨドバシカメラやビックカメラではポイントを考慮するとやはり80万円を切ります。
ほぼ同じCMOSセンサーを使用したPhase OneのIQ250が470万円ということを考えると、ボディ付きで80万円は1/6以下で購入できて非常にお得ですよ!

従来のコダック製CCDからソニー製CMOSに変更されたことで

  • 画素数向上(4000万画素から5000万画素に)
  • 動画撮影が可能(1,920×1,080ピクセル、60iのMOV)
  • 連射速度の向上(645Dの約1.1コマ/秒から約3コマ/秒に
  • 連続記録コマ数は3コマ/秒時が30コマ(JPEG)および10コマ(RAW)に

などの改良が見られます。
他にもCCDからCMOSに変更されることで高感度時のノイズに改善が期待できます。
さらにシャッターの耐久性が5万回から10万回へ変更されています。

シンクロ同調速度が1/125秒なのでスタジオでの撮影は制限がありますが、定常光のライティングも増えているので使いようによっては、十分スタジオ用カメラとしても使えるでしょう。
ペンタックスということでスタジオ向けというよりは、ネイチャー向けなんでしょう。
Kマウント用レンズのように645用レンズも防滴使用のものが発売されていますし、今後リニューアルされるレンズも防滴使用になると思われます。

フルサイズを飛び越したペンタックスの運命やいかに!

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - カメラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

カメラ専門学校で最初に揃えるカメラは?

写真の専門学校ではどんな4月から入学する専門学校生にどんなカメラを推奨しているの …

一眼レフでは味わえない超高倍率ズームの世界

スマホの影響でコンパクトデジカメが売れなくなったと言われて久しいですが、超高倍率 …

手仕事で塗装を剥がしたライカM-Pが限定発売

限定のライカが2種類デビューです。 一つはレニー・クラビッツとのコラボモデル、も …

パナソニックのGM5はGM1より高感度がわずかに改善?

IMAGING RESOURCEにパナソニックのGM5とGM1のノイズの違いがア …

自転車・釣具業界からアクションカムに殴りこみ

自転車や釣具で有名なシマノがアクションカムを発表しました。 SPORT CAME …

DxoMarkがキヤノン7D Mk2のスコアを公開

DxoMarkがキヤノン7D Mk IIのスコアを公開しました。 Tests a …

α7Sより暗所に強い?低画素カメラが発売

auroraという名前の超低照度向けのカメラが発表されました。販売しているのはS …

Red Epic DragonがDxOMarkで最高点を獲得

Red Epic DragonがDxOMarkで最高点を獲得しました。 これまで …

D750はD610、D810よりも高感度のノイズが大幅に少なくなっている

D700後継機を期待していた人をがっかりさせたD750ですが、ノイズはD610や …

1インチ高倍率ズーム機の特長と長所・短所

1インチの撮像ししに高倍率ズームレンズを組み合わせたデジカメ、三種類の特長などを …