camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

ロモグラフィーがРУСАЛ (PYCCAP)をまさかの復刻

   

ロモLC-Aやホルガから離れ、色々なものに手を出しているロモグラフィーですが、今度はРУСАЛを復刻するそうです。
РУСАЛと書いてもなんのことかわかりませんが、カタカナで書くとルサールという名のレンズです。
russar+
Russar+

ライカLマウントで20mm f5.8というレンズです。
ロシア製のレンズとしては珍しい、オリジナルの設計です。
しかも、後にビオゴン、スーパーアンギュロンの元になったなんて言われることもあるレンズです。
元になったかはともかく、超広角の先駆けとなるレンズです。

そんなレンズをなぜかロモグラフィーが復刻。
ミラーレスの需要もあるのでデジカメで使うのも面白いと思いますが、デジカメには向かない対称形というタイプのレンズ。
デジカメよりもフィルムカメラで楽しみたいレンズです。
私も古いルサールを持っていますが、広角っぽさが少ない対称形独特の写りとビオゴン型のようなコントラストは現在のレンズにはない味が楽しめます。
でも74800円といいお値段です。
これならコシナのレンズの方が、、とか思ってしまいますが、プリミティブな対称形のレンズを新品で楽しめるというのは魅力です!

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - カメラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

パナソニックのGM5はGM1より高感度がわずかに改善?

IMAGING RESOURCEにパナソニックのGM5とGM1のノイズの違いがア …

GoProが全天球カメラに参戦。ただし一般販売はない?

GoProは360度の録画が可能な新しい全天球アクションカム、FUSIONを発表 …

D750はD610、D810よりも高感度のノイズが大幅に少なくなっている

D700後継機を期待していた人をがっかりさせたD750ですが、ノイズはD610や …

CP+のツイートまとめ

シグマ関連 SIGMA dp2 Quattro。私が持つとこんなサイズ!グリップ …

自転車・釣具業界からアクションカムに殴りこみ

自転車や釣具で有名なシマノがアクションカムを発表しました。 SPORT CAME …

ほぼ全天球写真を簡単に撮影し、ストリートビューに最適なカメラが発表

NCTechというメーカー?がiris360という360度撮影できるカメラを発表 …

CP+の見どころはコレ!

13日からCP+が開催されます。 カメラの見本市で、他にはドイツで二年に一度開催 …

DJI Phantom5は1インチのレンズ交換式になる?

DJI Phantom 5 用のカメラのリーク画像が出てきました。 Hell y …

Red Epic DragonがDxOMarkで最高点を獲得

Red Epic DragonがDxOMarkで最高点を獲得しました。 これまで …

古いカメラに最新のミラーレスデジカメを組み込んだ結果、

オックスフォード大学で物理学を学ぶ18歳の学生が、コニカAutoS3という古いカ …