camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

ロモグラフィーがРУСАЛ (PYCCAP)をまさかの復刻

   

ロモLC-Aやホルガから離れ、色々なものに手を出しているロモグラフィーですが、今度はРУСАЛを復刻するそうです。
РУСАЛと書いてもなんのことかわかりませんが、カタカナで書くとルサールという名のレンズです。
russar+
Russar+

ライカLマウントで20mm f5.8というレンズです。
ロシア製のレンズとしては珍しい、オリジナルの設計です。
しかも、後にビオゴン、スーパーアンギュロンの元になったなんて言われることもあるレンズです。
元になったかはともかく、超広角の先駆けとなるレンズです。

そんなレンズをなぜかロモグラフィーが復刻。
ミラーレスの需要もあるのでデジカメで使うのも面白いと思いますが、デジカメには向かない対称形というタイプのレンズ。
デジカメよりもフィルムカメラで楽しみたいレンズです。
私も古いルサールを持っていますが、広角っぽさが少ない対称形独特の写りとビオゴン型のようなコントラストは現在のレンズにはない味が楽しめます。
でも74800円といいお値段です。
これならコシナのレンズの方が、、とか思ってしまいますが、プリミティブな対称形のレンズを新品で楽しめるというのは魅力です!

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - カメラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

360度カメラはライブストリーミング対応へ

リコーTHETAからはじまった全天球カメラブームでそういったカメラがずいぶんと増 …

各メーカーのミラーレスに搭載されているWi-Fi機能を確認してみた

各メーカーのミラーレスはスマホやタブレットとの連携を掲げることが多いので、Wi- …

no image
1つで5種類のマウントが使えるアダプターが発売

Kマウントのデジタル一眼レフにニコンFマウント、オリンパスOMマウント、コニカ、 …

1インチ高倍率ズーム機の特長と長所・短所

1インチの撮像ししに高倍率ズームレンズを組み合わせたデジカメ、三種類の特長などを …

no image
GPS付きデジカメを中国で使うのは危険?

以前はロシアのウラジオストクで写真を撮っていると拘束された、なんて話も聞きました …

キヤノンのG7 Xレビュー、サンプル写真まとめ

キヤノンのG7 Xは1インチセンサーに明るいズームレンズを組み合わせた、ソニーの …

Red Epic DragonがDxOMarkで最高点を獲得

Red Epic DragonがDxOMarkで最高点を獲得しました。 これまで …

no image
リコーの全天球カメラでストリートビュー作成可能に

リコーの全天球カメラ「THETA」で撮影した写真をGoogleマップのストリート …

no image
NEXのファームアップで起動しなくなる不具合?

3月19日にNEX-5やNEX-6用の新しいファームウエアが公開されました。 ソ …

GoProが全天球カメラに参戦。ただし一般販売はない?

GoProは360度の録画が可能な新しい全天球アクションカム、FUSIONを発表 …