camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

ロモグラフィーがРУСАЛ (PYCCAP)をまさかの復刻

   

ロモLC-Aやホルガから離れ、色々なものに手を出しているロモグラフィーですが、今度はРУСАЛを復刻するそうです。
РУСАЛと書いてもなんのことかわかりませんが、カタカナで書くとルサールという名のレンズです。
russar+
Russar+

ライカLマウントで20mm f5.8というレンズです。
ロシア製のレンズとしては珍しい、オリジナルの設計です。
しかも、後にビオゴン、スーパーアンギュロンの元になったなんて言われることもあるレンズです。
元になったかはともかく、超広角の先駆けとなるレンズです。

そんなレンズをなぜかロモグラフィーが復刻。
ミラーレスの需要もあるのでデジカメで使うのも面白いと思いますが、デジカメには向かない対称形というタイプのレンズ。
デジカメよりもフィルムカメラで楽しみたいレンズです。
私も古いルサールを持っていますが、広角っぽさが少ない対称形独特の写りとビオゴン型のようなコントラストは現在のレンズにはない味が楽しめます。
でも74800円といいお値段です。
これならコシナのレンズの方が、、とか思ってしまいますが、プリミティブな対称形のレンズを新品で楽しめるというのは魅力です!

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - カメラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
1つで5種類のマウントが使えるアダプターが発売

Kマウントのデジタル一眼レフにニコンFマウント、オリンパスOMマウント、コニカ、 …

360度カメラはライブストリーミング対応へ

リコーTHETAからはじまった全天球カメラブームでそういったカメラがずいぶんと増 …

ソニーが画像センサーの増産でデジカメの実効支配を目指す?

ソニーがルネサスの工事を買取るほうです。 ソニーはその工場で画像センサー、CMO …

ほぼ全天球写真を簡単に撮影し、ストリートビューに最適なカメラが発表

NCTechというメーカー?がiris360という360度撮影できるカメラを発表 …

ついに、今週CP+が開催!

CP+というカメラの見本市みたいなのが開催されます。 カメラの見本市ではドイツで …

手仕事で塗装を剥がしたライカM-Pが限定発売

限定のライカが2種類デビューです。 一つはレニー・クラビッツとのコラボモデル、も …

K-S1高感度のノイズがペンタックスで一番少ない

田中希美男さんのブログ、Photo of the DayにK-S1の高感度ノイズ …

サムスンがデジカメ撤退の噂が最熱

サムスンがミラーレス、NXシリーズをやめてしまうという噂 サムスンがミラーレスで …

早速銀座でα7 IIを触ってきた人の感想まとめ

展示について 栄のソニーストア、α7の開発担当者が3日間だけ常駐して、質問随時受 …

一眼レフでは味わえない超高倍率ズームの世界

スマホの影響でコンパクトデジカメが売れなくなったと言われて久しいですが、超高倍率 …