camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

ついに、今週CP+が開催!

      2014/02/11

CP+というカメラの見本市みたいなのが開催されます。
カメラの見本市ではドイツで2年に一度開催されるフォトキナと同じくらいに重要な発表が行なわれるのがCP+です。
カメラの見本市は長らくフォトキナが最も重要な地位にありました。
というのも、ライカやツァイスに代表される一流のカメラ、レンズメーカーはドイツだったから。
ドイツだったからと過去形で言うのは、カメラやレンズメーカーは今やドイツが主流ではなく日本のカメラメーカーが市場を席巻したからです。
日本のメーカーが主流になってから既に30年以上たっていますが、10年くらい前まではドイツのフォトキナで発表することがメインでした。
今ではドイツで開催されるフォトキナよりも日本で開催されるCP+が重要視されるようになりました。

なぜそうなったのかというと、一つはカメラがデジタルになったことで製品サイクルが短くなったため。
製品サイクルが短いものでは半年、通常は1年、長いもので2年というのがデジタルカメラの相場です。
そのため、2年に一度のフォトキナでは十分にアピールできない。

もう一つは、カメラ関係は日本のメーカーがほぼ全て、という状況になってしまったから。
特に、日本で売れるデジタルカメラ関連商品は韓国や中国、台湾などでよく売れます。
それが波及して東南アジアでも売れています。
日本の消費者が東アジア、東南アジアでの売れ筋を左右するともとも言えるので、日本の消費者にアピールできるCP+が重要視されるようになったのでしょう、

ただ、日本をはじめとするアジア市場で売れるものと欧米の市場で売れるものとでは随分と違いがあるので、フォトキナは廃れることはありません。
どちらかというと、カメラの主流とも言える製品はフォトキナで発表される傾向が強い気がします。

逆に言えば、CP+では突拍子もない新しいカメラが発表されるので、見に行くと楽しい!

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - カメラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
リコーの全天球カメラでストリートビュー作成可能に

リコーの全天球カメラ「THETA」で撮影した写真をGoogleマップのストリート …

Xiaoyiがミラーレスとレンズ2種を発売

ついにXiaoyiがレンズ交換式デジカメを発表しました。 M1という名前のミラー …

一眼レフでは味わえない超高倍率ズームの世界

スマホの影響でコンパクトデジカメが売れなくなったと言われて久しいですが、超高倍率 …

D750はD610、D810よりも高感度のノイズが大幅に少なくなっている

D700後継機を期待していた人をがっかりさせたD750ですが、ノイズはD610や …

サムスンがデジカメ撤退の噂が最熱

サムスンがミラーレス、NXシリーズをやめてしまうという噂 サムスンがミラーレスで …

キヤノンのG7 Xレビュー、サンプル写真まとめ

キヤノンのG7 Xは1インチセンサーに明るいズームレンズを組み合わせた、ソニーの …

no image
フィルムの時代はいつ終わったのか
α7Sより暗所に強い?低画素カメラが発売

auroraという名前の超低照度向けのカメラが発表されました。販売しているのはS …

360度カメラはライブストリーミング対応へ

リコーTHETAからはじまった全天球カメラブームでそういったカメラがずいぶんと増 …

no image
Planet Earthの過去と現在の機材

BBCのPlanet Earthという番組制作で機材の発展でどのように映像が変化 …