camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

GPS付きデジカメを中国で使うのは危険?

   

以前はロシアのウラジオストクで写真を撮っていると拘束された、なんて話も聞きましたが、現在でも中国、新疆ウイグル自治区などでは写真を撮影しているだけで拘束される可能性があるようです。
特に面倒なことになるのが写真に加え、GPSの使用です。

中国ではそもそもGPSの使用が禁止されているそうです。スマホにはGPSの搭載が一般的なので杓子定規に適用するとスマホも使えないわけですが、それでも場所によってはGPSを使ったために逮捕された事例はあるようです。
デジカメにもGPSが搭載されている機種はありますが、中国旅行の際にはGPSの使用が知られるとマズイ場所があることを知っておくのは身を守る上で必要なのかもしれません。

外務省の中国に関する安全対策基礎データではGPSを使用したため罰金、強制退去処分を受けた例も紹介されています。
富士フイルムのQ&Aでは中国などではGPSの測位が禁止されているので使わないよう書かれていいます。
一部のデジカメはヤバイ場所ではGPSが機能しないよう(ログが残らないよう)、制限が加えられているようです。

2名の日本人がスパイ容疑をかけられ中国で拘束されているというニュースが話題になりましたが、2名の具体的なスパイ容疑はわかっていないようです。
中国のセンシティブな地域においては、GPS付きのデジカメで撮影するだけでもスパイ容疑で拘束されるかもしれない、というのは知らなかったでは済みそうもありません。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - カメラ ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

DxoMarkがキヤノン7D Mk2のスコアを公開

DxoMarkがキヤノン7D Mk IIのスコアを公開しました。 Tests a …

CP+の見どころはコレ!

13日からCP+が開催されます。 カメラの見本市で、他にはドイツで二年に一度開催 …

ロモグラフィーがРУСАЛ (PYCCAP)をまさかの復刻

ロモLC-Aやホルガから離れ、色々なものに手を出しているロモグラフィーですが、今 …

no image
各社アクションカム比較

GoPro HERO3 GoPro HERO3+ GoPro HERO3 Son …

DJI Phantom5は1インチのレンズ交換式になる?

DJI Phantom 5 用のカメラのリーク画像が出てきました。 Hell y …

α7Sより暗所に強い?低画素カメラが発売

auroraという名前の超低照度向けのカメラが発表されました。販売しているのはS …

サムスンがデジカメ撤退の噂が最熱

サムスンがミラーレス、NXシリーズをやめてしまうという噂 サムスンがミラーレスで …

no image
ソニー、ニコン、キヤノンのフラッグシップをブラインドテスト出来る動画

D5、α9、1Dx mark II、のフラッグシップ3機種を比較しています。 2 …

no image
NEXのファームアップで起動しなくなる不具合?

3月19日にNEX-5やNEX-6用の新しいファームウエアが公開されました。 ソ …

GoProが全天球カメラに参戦。ただし一般販売はない?

GoProは360度の録画が可能な新しい全天球アクションカム、FUSIONを発表 …