camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

ほぼ全天球写真を簡単に撮影し、ストリートビューに最適なカメラが発表

   

NCTechというメーカー?がiris360という360度撮影できるカメラを発表しました。
カメラの形を見てもわかりますが、完全な全天球ではなく、カメラの真下部分は撮影できないようです。
iris360
iris360はスマホやタブレットで操作し、誰でも簡単に360度の撮影が可能とのこと。カメラは4つ付いていて、合成もパソコンを使う必要はないようです。
撮影した画像はそのままGoogleのストリートビューで使うことも可能です。そのためか、ストリートビューのロゴがカメラに入っています。
iris360で撮影したサンプルは既に2000枚以上がストリートビューにアップされています。
NCTech Imaging

Googleのインドアビュー

お店など建物内をストリートビューのように表示するサービスがGoogleのインドアビューです。

現在、インドアビューに建物内の360度パノラマ写真を載せるには、認定パートナーに撮影してもらい、撮影料を支払うことでインドアビューに掲載されるという仕組みになっています。
認定パートナーの1つ、NTTタウンページだと撮影料は36000円からとなっています。
出張料と撮影枚数によっては数十万円くらいになるみたいですが。
iris360を持っていれば認定パートナーの下請けくらい出来るかもしれませんね。
インドアビューに載せなくてもお店のブログやサイトに埋め込むことは可能ですので、WEB制作会社にはいいかもしれません。

比較的手軽な360度パノラマ撮影の機材

360度パノラマ、全天球写真を撮影する最も手軽な方法はリコーのTHETAです。
背中合わせになった2つのカメラを使いワンショットで全天球写真の撮影が可能です。
ただし、画像は非常に荒いのが難点です。
比較的簡単な方法はミラーレスと円周魚眼の組み合わせ。
廉価な魚眼レンズであるSamyangのレンズ専用のパノラマ雲台が販売されています。
Ultralight Panohead for Samyang 8mm f2.8 Original Series I
コンバージョン ツール キット for SONY Eマウント / Samyang 7.5mm
これらは専用品のためノーダルポイントというやつを設定する必要がなく、手軽に簡単に360度パノラマ撮影が可能らしいです。
これらを使えば撮影は比較的手軽ですが、合成を行う必要があります。
今回のiris360は合成の手間も省くという点で、なかなか優れた製品ではないかと思います。ただし、お値段は1999ドルとお手軽ではありません。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - カメラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ISO409600で撮影されたα7sの動画が公開

先日発表されたα7sの動画をソニーがyoutubeにアップしました。 α7sはフ …

no image
ソニー、ニコン、キヤノンのフラッグシップをブラインドテスト出来る動画

D5、α9、1Dx mark II、のフラッグシップ3機種を比較しています。 2 …

no image
NEXのファームアップで起動しなくなる不具合?

3月19日にNEX-5やNEX-6用の新しいファームウエアが公開されました。 ソ …

パナソニックのGM5はGM1より高感度がわずかに改善?

IMAGING RESOURCEにパナソニックのGM5とGM1のノイズの違いがア …

no image
ペンタックスの新しいデジタル一眼レフの謎

ペンタックスが開発を発表した新しいデジタル一眼レフ。 ペンタックスの新デジタル一 …

no image
Planet Earthの過去と現在の機材

BBCのPlanet Earthという番組制作で機材の発展でどのように映像が変化 …

no image
各社アクションカム比較

GoPro HERO3 GoPro HERO3+ GoPro HERO3 Son …

α7Sより暗所に強い?低画素カメラが発売

auroraという名前の超低照度向けのカメラが発表されました。販売しているのはS …

GoProが全天球カメラに参戦。ただし一般販売はない?

GoProは360度の録画が可能な新しい全天球アクションカム、FUSIONを発表 …

ついに、今週CP+が開催!

CP+というカメラの見本市みたいなのが開催されます。 カメラの見本市ではドイツで …