camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

世界初の可変ハーフNDフィルター

   

Aurora Apertureというアクセサリーメーカーが世界初の可変ハーフNDフィルターへの出資をKickstarterで募っています。

PowerGXND – World’s First Variable GND Filter

ハーフNDフィルター、可変式のNDフィルター、それぞれは以前からありますが、2つを1つにしたのはこれが初めてとのこと。

フィルター径は105mm、82mm、62mmの3種類。105mmと随分大きなフィルターはフィルター自体を上下に動かすアダプターと合わせて使うことを想定しているそうです。
角型のハーフNDでも上下に動かして調整出来るものがありますが、それと同じように使えるようです。

ハーフNDフィルターはラチチュードが狭かったデジタル一眼レフ黎明期では必須という感じでしたが、その後廃れた感がありました。しかし、最近また使われる方が増えている印象があります。角型の格安のものもありますが、1枚で済むのは魅力的です。あとはNDフィルターで気になる色かぶりがどのくらいか、でしょうか。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - アクセサリー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

DJIがスマホ用ジンバルOSMO MOBILEを発売

DJIがスマートフォン用のジンバル、Osmo Mobileを発表しました。 Os …

Godoxがスマホでフラッシュを使えるアクセサリーを開発中

Godoxがスマートフォンでもストロボを使えるようにするA1というものを開発中で …

100万円以上の機材と5万円程度の機材では差が少ない?

Profotoの機材と安い機材で同じように撮れるのか比較をした動画です。 Pro …

クリップオンストロボをリモート発光する際の超基礎知識

赤外式と電波式の2種類 ボディとストロボの同期をとるために赤外線と電波の2種類が …

廉価なバッテリー式モノブロックが発売

バッテリータイプのモノブロックストロボ、cononmark B4が発売されます。 …

no image
GODOXがAF補助光付き無線トリガーXT32を発表

GODOXが新しい無線トリガー、XT32を発表しました。 AD180、AD360 …

使っているライトスタンドと次に欲しいライトスタンド

メモ代わりに。 今欲しいライトスタンドがマンフロットのナノスタンドです。 マンフ …

no image
6月にNik Collectionのアップデートが行われるらしい

DxOがChapter 11の手続きに入ったそうです。時々目にするChapter …

可変NDフィルターの値段の違い、オススメは?

可変NDフィルターフィルターとは? 可変NDフィルターとはNDフィルター(減光フ …

Lightroom用物理コンソールが発売

Lightroom用物理コンソール、LoupedeckがIndiegogoで出資 …