camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

YONGNUOがリチウムイオンバッテリーを採用したクリップオンを発表

   

YONGNUOがリチウムイオンバッテリーを採用したYN686EX-RTを発表しました。
YN686EX-RT

2000mAhのバッテリーでフル発光で600回、チャージは1.5秒。ガイドナンバーはISO100、200mmで60。USBポートを利用したファームアップが可能。気になるお値段はまだ発表されていません。 YN685が1万2千円くらいなので1.5万~2万円くらいでしょうか。

名称からなんとなくわかりますが、ラジオスレーブはYONGNUOのものだけでなくキヤノンのRTシリーズとも互換性があるそうです。キヤノンとの互換でETTLにも対応。

Canon スピードライトトランスミッター ST-E3-RT
キヤノン (2012-03-22)
売り上げランキング: 36,045

スペック的には現在のクリップオンストロボとしては全部入りという感じです。あとはバッテリー不具合、一時期話題にあったフル発光病がなければ、というところ。中華ストロボはGODOXにだいぶ持って行かれた印象がありますが、どうなるでしょう。日本でも正規の代理店があれば巻き返しもあるかもしれませんが、特許など権利関係で地雷が沢山ありそうですから代理店は出てこない気がします。

スポンサーリンク

ツイートツイート
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

 - アクセサリー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
スマホ用電動スタビライザーが凄い

動画撮影用のスタビライザーというとステディカムが有名です。 ヌルヌルとした独特の …

Instagramのフィルターみたいに見えるサングラスが発売

Instagramに代表される、スマホで撮られた写真はなんらかのフィルターを使っ …

Lightroom用物理コンソールが発売

Lightroom用物理コンソール、LoupedeckがIndiegogoで出資 …

Canon UKがハンザキヤノンの模型を販売

Canon UKが直販グッズの一つとしてハンザキヤノンの模型の販売を開始しました …

レンズベビーのフィルターキットはエモいのが撮れそう

レンズベビーがOMNI CREATIVE FILTER SYSTEMというものを …

単3電池6本で使えるモノブロックタイプのストロボ

中国のメーカーがバッテリー駆動のモノブロック型ストロボを発表しました。 バッテリ …

AD200用延長ヘッドでB2みたいに

GodoxがAD200用の延長ヘッド、EC-200を発表しました。 AD200は …

no image
Godoxのクリップオンストロボの種類とその違い

Godoxのクリップオンストロボ V850、V860シリーズ V850、V860 …

マンフロットがiPadからカメラをコントロールするアクセサリーを発表

マンフロットがNBAでDigital Directorという製品を発表しました。 …

Godoxがスマホでフラッシュを使えるアクセサリーを開発中

Godoxがスマートフォンでもストロボを使えるようにするA1というものを開発中で …