camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

YONGNUOがリチウムイオンバッテリーを採用したクリップオンを発表

   

YONGNUOがリチウムイオンバッテリーを採用したYN686EX-RTを発表しました。
YN686EX-RT

2000mAhのバッテリーでフル発光で600回、チャージは1.5秒。ガイドナンバーはISO100、200mmで60。USBポートを利用したファームアップが可能。気になるお値段はまだ発表されていません。 YN685が1万2千円くらいなので1.5万~2万円くらいでしょうか。

名称からなんとなくわかりますが、ラジオスレーブはYONGNUOのものだけでなくキヤノンのRTシリーズとも互換性があるそうです。キヤノンとの互換でETTLにも対応。

Canon スピードライトトランスミッター ST-E3-RT
キヤノン (2012-03-22)
売り上げランキング: 36,045

スペック的には現在のクリップオンストロボとしては全部入りという感じです。あとはバッテリー不具合、一時期話題にあったフル発光病がなければ、というところ。中華ストロボはGODOXにだいぶ持って行かれた印象がありますが、どうなるでしょう。日本でも正規の代理店があれば巻き返しもあるかもしれませんが、特許など権利関係で地雷が沢山ありそうですから代理店は出てこない気がします。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - アクセサリー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
スマホ・GoPro用のステディカムVoltが登場

今年1月にKickstarterで募集されていたスマホ・GoPro用のステディカ …

クリップオンストロボをリモート発光する際の超基礎知識

赤外式と電波式の2種類 ボディとストロボの同期をとるために赤外線と電波の2種類が …

100万円以上の機材と5万円程度の機材では差が少ない?

Profotoの機材と安い機材で同じように撮れるのか比較をした動画です。 Pro …

Bluetoothでスマホと接続するライトメーター開発中

Illuminatiという露出計、カラーメーターがKickstarterで出資を …

GODOXが発光部分を交換出来るストロボを発表

GODOXがWITSTROシリーズの新作としてAD200を用意しているようです。 …

no image
GODOXがAF補助光付き無線トリガーXT32を発表

GODOXが新しい無線トリガー、XT32を発表しました。 AD180、AD360 …

GoPro用の超高額(約90万円)のアクセサリーが誕生

GoProが専用の無線トランスミッター、HEROCastを発表しました。お値段な …

no image
スマホ用電動スタビライザーが凄い

動画撮影用のスタビライザーというとステディカムが有名です。 ヌルヌルとした独特の …

no image
ライカ風iPhoneケースがかっこいい

クラシックカメラ風iPhoneケースGIZMON iCAがかっこいい! いわゆる …

no image
Bluetoothを追加したX1T後継を発表

GodoxがBluetoothを採用したトリガー、X2Tを発表しました。X1Tか …