camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

中国製の格安ストロボは似ているようで値段により中身が違うらしい

   

LumoPro LP180R、Shanny SN600SC、Yongnuo YN600EX-RTの3つのクリップオンストロボを分解して中をみてみた、という記事を紹介します。

3 SPEEDLIGHTS OPENNED, TEARDOWN-ED AND COMPARED

speedlights-teardown-01

ちなみにお値段は
LumoPro LP180R>Shanny SN600SC>Yongnuo YN600EX-RT
LumoPro LP180Rが229.99ドル、Shanny SN600SCが149.99ドル、Yongnuo YN600EX-RTは126ドル
日本のAmazonではShanny SN600SCとYN600EX-RTはほぼ同じ値段です。

最も高いLumoPro LP180Rがビスの数が最も多く、内部の作りもしっかりしていたとのこと。LumoPro LP180Rは他の2つとは異なり外装もオリジナルのようですし、確かにしっかりとしてそうです。
中国製のクリップオンストロボは名前が違うだけで、中身は似たようなものかと思いましたが、結構違いがあるようです。その違いも値段相応に、高いものはしっかりと作られ、安いものはそれなりの作りになっているようです。

Yongnuoはフル発光病が話題になりましたが、これは部品に変更があったことが原因だったようです。現在出荷されているものはフル発光病にならないということですが、案外細かい改善?を行っているようです。

聞き慣れないLumoPro LP180Rですが、照射角を105mmに設定した時、10ft、ISO100でf/11となり、これはGN110になるそうです。GN110というともの凄いような気がしますが、普通はフィートではなくメートルで計算するのでこのように大きくなっているようです。光量はキヤノンやニコンの最上級機と同程度とのことです。
ちなみに1フィートが0.305メートルなので、10フィートは3.05メートル、メートル換算でガイドナンバーを算出するとGN33くらいになります。ガイドナンバーはメーカーによって算出方法がバラバラですが、統一した基準が欲しいところです。

ちなみにストロボの分解は危険なので、やめましょう。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - アクセサリー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Yongnuoがリチウムイオンバッテリーを採用したクリップオンを発売

Yongnuoがリチウムイオンバッテリーを採用したクリップオンストロボ、YN68 …

クリップオンストロボをリモート発光する際の超基礎知識

赤外式と電波式の2種類 ボディとストロボの同期をとるために赤外線と電波の2種類が …

KIPONがEFレンズのAFも絞りも操作可能なマウントアダプターを発売

KiponがEFレンズをマイクロフォーサーズのボディで使うためのマウントアダプタ …

no image
ライカ風iPhoneケースがかっこいい

クラシックカメラ風iPhoneケースGIZMON iCAがかっこいい! いわゆる …

no image
1つで5種類のマウントが使えるアダプターが発売

Kマウントのデジタル一眼レフにニコンFマウント、オリンパスOMマウント、コニカ、 …

GODOXが発光部分を交換出来るストロボを発表

GODOXがWITSTROシリーズの新作としてAD200を用意しているようです。 …

no image
レンズが太くてボディからはみ出て三脚が使えない時は

レンズが太くて雲台に干渉して三脚が使えない!なんてことがあるかもしれません。フラ …

スマホを外部モニター、さらに記録まで出来るLukilink

スマホをデジカメの外部モニターとして使うことが出来る、Lukilinkというもの …

Lightroom用物理コンソールが発売

Lightroom用物理コンソール、LoupedeckがIndiegogoで出資 …

5000円で買える、あると便利なカメラアクセサリー

メディアケース、フィルターケース 1つあると便利ですが、意外と使っていない人が多 …