camera hack blog

デジタルカメラを使いこなすコツのあれこれを紹介

Neewerのストロボまとめ

      2016/04/13

アマゾンでNeewerというメーカー?の製品が沢山売られているのですが、このNeewerについてよくわかりません。恐らくメーカーではなく商社的なところだと思われます。というのは、製品がバラバラで、他で見たようなものを売っているから。
例えば、フラッシュは型番からデザインからバラバラで、同じメーカーが作ったとは思えません。
というわけで、Neewerのクリップオンストロボについてちょっとまとめました。

TT5xx系

TT560

液晶パネルが付いていない
フル発光から1/128までの8段階
照射角は固定(ワイドパネルはあり)
アマゾンで買えるクリップオンストロボでたぶん一番安い。3500円くらい。

NW5xx系

NW-561

TT560との違いは液晶パネルが付いているだけ?見た目はニコンのクリップオンストロボみたい。
ガイドナンバーは35(ISO 100, 35mm)
フル発光から1/128までの8段階
照射角は固定(ワイドパネルはあり)
TT560の次に安くて4000円くらい。

NW562

元の製品名はMK930?
NW-561の照射角が変えられるバージョンっぽい。
5000円くらい。照射角にこだわらなければNW-561の方がお得。

NW565

NW-562のTTL対応バージョン?
7000円くらい。TTL対応を考えると破格。

NW580

VokingのVK750と同じもの?
ガイドナンバーは58(ISO 100,105mm)
フル発光から1/128までの8段階
照射角は変更可能
5000円くらい。NW-561とは照射角の変更が出来るくらいなので、NW-561の方がいいかなぁと思います。

NW6xx系

NW670

VK750IIと同じもの?TTL対応。
詳細不明

NW660III

NW562の2.4GHzのラジオスレーブ対応モデル?ラジオスレーブはTT660というモデルとの互換性があるらしい。
TTL、ハイスピードシンクロに対応。(i-TTLとE-TTLバージョンあり)
ガイドナンバーは58(ISO 100, 180mm)
フル発光から1/128まで0.3EV毎の22段階
照射角は変更可能
8000円ちょっと。TTL対応では破格。TTL対応なら他のラジオスレーブと合わせて使ってもいいかも。ただし、TTL調光の精度はイマイチらしい。

NW690

ニコンのリモート発光に対応しているらしい。
TTL、ハイスピードシンクロ対応。
詳細不明

MK9xx系

MK910

(マスターとしては使えないけど) ニコンのリモート発光に対応しているらしい。
MK900というのもありますが、違いは不明。
TTL、ハイスピードシンクロ対応。(i-TTLバージョンのみ?)
ガイドナンバーは58(ISO 100, 180mm)
照射角は変更可能
1万円くらい。

まとめ

NW561、NW565は(ちゃんと動けば)コストパフォマンスがよさそう。MK910もTTLとハイスピードシンクロがちゃんと使えればコスパはよさそうだけど、ちゃんと動くのかは疑問で、ニコンならSB-700あたりで確実に動くものを選ぶ方がいいかも。

スポンサーリンク

ツイートツイート

 - アクセサリー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

モノブロックっぽいスタイルのLED、SL-60を買いました

GodoxのSL-60というLEDを購入したので、ちょっと紹介します。 見た目は …

クリップオンストロボをリモート発光する際の超基礎知識

赤外式と電波式の2種類 ボディとストロボの同期をとるために赤外線と電波の2種類が …

no image
1つで5種類のマウントが使えるアダプターが発売

Kマウントのデジタル一眼レフにニコンFマウント、オリンパスOMマウント、コニカ、 …

no image
GODOXがAF補助光付き無線トリガーXT32を発表

GODOXが新しい無線トリガー、XT32を発表しました。 AD180、AD360 …

ソフトケースにもなるバウンスアダプターが発売

クリップオンストロボ用ソフトケースをバウンスアダプターにしてしまう、アイデア商品 …

Rotlightがフラッシュとしても使えるLEDを発表

Rotolightがハイスピードシンクロが可能なLED、NEO 2を発表しました …

Logitechがダイヤル付きキーボードを発売

LogitechがCraftというキーボードをプレオーダー中です。 23750円 …

no image
なぜ動画用雲台がスチルでも流行っているのか?

写真撮影に使われる雲台というと、3way雲台と自由雲台が一般的でしたが、最近では …

no image
世界初の可変ハーフNDフィルター

Aurora Apertureというアクセサリーメーカーが世界初の可変ハーフND …

単3電池6本で使えるモノブロックタイプのストロボ

中国のメーカーがバッテリー駆動のモノブロック型ストロボを発表しました。 バッテリ …